無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、ヘッジファンドバンキング社が運営するサービス名『カブトレックス投資顧問』です。

抑えておきたい自動運転関連銘柄!IoTで実現も近いため動向に注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

自動運転の技術は日々進化し、今年は特に各企業が実証実験を予定するなど大きな動きになってきました。

 

また、自動運転は人工知能やIoT、センサー、5Gといった様々な関連銘柄とも関わってくる為、その動向はチェックすべきです。

 

国策であり、世界各国も力を入れている自動運転について、現状や注目の銘柄などを見ていきましょう。

 

 

1.自動運転車は世界で求められている技術

 

自動運転車とは、人間に代わって車が自動で運転する技術で、世界で開発が進んでいますが、まずは自動運転車の基本から見ていきます。

 

1-1.自動運転車には多くのメリットがある

自動運転車の開発が進んでいる理由や目的としては

世の中の自動車での事故を減らし、自由時間を増やすこと、更には高齢者を含めた移動のための支援が挙げられます。

 

また、CO2削減や渋滞緩和などの地球環境面や、新しい技術により企業の利益拡大からの経済活性化なども目的の一つとして考えられます。

 

この中でも、常に起きている自動車事故を減らすことが、人類にとっては大きな期待があります。

 

自動車による交通事故死亡者
  • 20年前の1996年は9943人
  • 10年前の2006年は6415人
  • 去年2016年は3904人

 

と、このように進化によって年々減少傾向にあります。

 

自動車の技術としては、エアーバックやABS、車体構造などが進化したことが挙げられ、交通ルールの規制が強化されたことや医学の進歩なども交通事故死の減少に繋がっています。

 

 

ただ、65歳以上の高齢者においては増加傾向ということや、交通事故の90%は人間のミスで発生していることを踏まえると、自動運転車の開発は重要な意味合いを持ちます。

 

自動運転車による安全な運転社会が実現すれば、更に交通事故は減っていくでしょう。

 

1-2.2020年の東京オリンピックが目処とされる国策

国が力を入れる国策の自動運転技術開発ですが、自動運転の程度に応じて「自動運転レベル」の定義があります。

 

自動運転のレベルによって「何ができるのか」が4段階で区分けされています。ただ、日々の技術進化に伴い細かなルールは変わっております。

 

自動運転レベル

レベル1

加速・操舵・制動のいずれかのどれか1つを車のシステムがやってくれる。

 

レベル2

加速・操舵・制動のうち複数の操作を一度にシステムが行う状態

 

レベル3

加速・操舵・制動全てシステムが行い、システムが要請したときのみドライバーが対応する状態

 

レベル4

加速・制動・操舵を全てシステムが行い、ドライバーが全く関与しない状態

 

と、このように分けられており、各自動車メーカーが開発を進めています。

 

レベル1のシステムは既に実現化しており、目の前の障害物を検知して、自動でブレーキをかけてくれる「自動ブレーキ」等がこれにあたります。

 

今後、国としては2020年の東京オリンピック開催前にはレベル3の実用化を目指しています。

 

そのような目標が掲げられている中、自動運転関連銘柄の動向としては、2015年10月に【7203】トヨタがレベル2~3にあたる市販車を2020年頃に発売すると発表。

 

大手企業の材料をきっかけに自動運転関連銘柄は大きく注目され、

その中でも【4667】アイサンテクノロジーは約750%の爆騰を見せました!

 

その後2016年には自動運転で注目度の高いベンチャー企業ZMP上場などの噂も広がり、自動運転関連銘柄は何度も注目されています。

 

2017年に入り更に本格化した各企業の動向もあり、今後自動運転関連は大きく成長するセクターとなりそうです。

 

【ここだけチェック!】
  • 事故の軽減、温暖化、経済活性化の為に自動運転車の開発が進む
  • 現在はレベル1程度で東京オリンピックまでにはレベル3を目指す

 

2.自動運転の未来とその技術を確認

 

それでは、現在の自動運転技術はどこまで進んでいるのでしょうか。日本企業と海外企業の動きを確認です。

 

2-1.日本企業は2020年を目処に開発中

日本の自動車メーカーの動向と共に見ていきましょう。

 

【7201】日産自動車

2016年8月24日に「プロパイロット」と呼ばれる高速道路で走行できるシステムを市販車に搭載。プロパイロットは、高速道路上で同じ車線での走行を自動運転でサポートする技術。

 

【7203】トヨタ自動車

1990年代から自動運転技術の開発に取り組んでいます。

2016年1月には米国に人工知能研究の子会社を設立。また、2017年5月10日には米国半導体(GPU)大手のエヌビディアと自動運転車の開発で提携を発表。

2020年を目安に自動運転車のを商品化予定。

 

【7267】ホンダ

2016年12月22日にグーグル子会社のWaymoと提携すると発表。日本のメーカーでは初めてグーグルと手を組む。

また、2017年6月5日にはレベル4の自動運転車を2025年を目処に確立させると明言。

 

【7270】SUBARU

前方を認識して車を制御、衝突回避自動ブレーキなどの機能を備えた運転支援システム「アイサイト」を市販車に搭載しています。

2017年6月19日には、その「アイサイト」の一部機能を向上したと発表。また2020年には高速道路で車線変更可能な機能を実現予定。

 

海外の大手企業などと提携し自動運転車の開発を進めています。

どのメーカーも2020年のオリンピックを目処に、レベル3以上の運転システムの確立、商品化を目指しています。

 

2-2.世界ではグーグルがテスト走行で圧倒的

IT界の巨人グーグルですが、2009年から自動運転車のプロジェクトを開始。

8年に渡って約320万キロもの実験走行を行い、歩行者、自動車、自転車といった様々な交通のデータを収集し膨大なデータを取得中です。

 

2017年4月には100台の実験車両から一気に600台体制に拡大し、自動運転車を走らせ、一般人向けにも自動運転車テスト走行時の搭乗者を募集するなど大きく動いています。

 

ビッグデータの活用など得意とするIT技術を使い、膨大なデータを蓄積しています。

最終的にグーグルが目指すのは自動運転システムのソフトウェアを独占することだと言われています。

 

世界で自動運転システムのソフトウェアを独占となれば、自動車業界が大きく変わるでしょう。

グーグルの動きは見逃せません。

 

 

─ テスラモーターズとメルセデスベンツの動き ─

2015年10月に半自動運転機能の「オートパイロット」を搭載し、話題に上っているテスラモーターズや、ドライバーをアシストする半自動運転機能の「ディストロニック・プラス」を市販車に導入してるメルセデス・ベンツなどの大手企業も完全運転に向けて研究開発を進めています。

 

このように、日本や海外企業など世界全体で自動運転車の完全自動化に向けて、特に2017年は大きな動きがある現状から、自動運転関連銘柄は大きなテーマ株となることは間違いないでしょう。

 

【ここだけチェック!】
  • 日本企業は2020年を目処に、レベル3以上の運転システムの商品化を目指す
  • グーグルに自動運転車のシステムが独占される可能性もある

 

3.自動運転に関わる技術と株価動向

 

自動運転には様々な技術が関わってきますが、特に見ておくべき技術と関連銘柄の株価動向を合わせて見ておきましょう。

 

3-1.IoTを始め、自動運転車の鍵を握る様々な技術

自動運転車には、数多くの部品や最新の技術が必要です。

 

例えば、周囲を認知するためのセンサーや、どう動くか判断するための人工知能の学習(ディープラーニング)、または半導体といったものがそれにあたります。

 

これらの技術発展が自動運転車の鍵を握るといっても過言ではなく、各分野の研究開発も力が入っています。

 

IoT

IoT(モノと繋がるインターネット)になり様々なモノがネットと繋がる時代が来ます。

自動車もネットと繋がることにより、より詳細な交通情報や危険な場所を素早く共有することができ、結果的に事故を減らすことにも繋がります。

 

▼IoTについて詳しい記事はこちら

IoT関連銘柄と関わる重要セクター情報総まとめ!周辺事業の把握が鍵

 

センサー

公道では人や車などが常に動いており、その他にも周辺の建物などあるのでそれらの外部情報を素早く捉えるために、様々な種類のセンサーが必要となります。高精度なセンサーが自動運転を支えます。

 

▼センサーについて詳しい記事はこちら

IoTに欠かせないセンサー市場!関連銘柄を今から抑える

 

ディープラーニング

ディープラーニングの自動運転で必要な役割としては、画像の認識があります。様々なセンサーで捉えた人や車といった動くものや、建物といったものを正しく認識するためにディープラーニング技術が使われます。

 

▼ディープラーニングについて詳しい記事はこちら

まだ熱い!ディープラーニング関連銘柄┃人工知能(AI)技術の進化を見る

 

半導体

人工知能やディープラーニングといった技術を搭載するのが半導体チップです。この半導体をめぐって様々な企業が開発しており、自動運転の頭脳といったとことです。

センサー市場や半導体は特に株式市場でも盛り上がってきており、自動運転関連銘柄と合わせてチェックすべきです。

 

▼半導体について詳しい記事はこちら

21世紀最大のテーマ!半導体が凄い理由と注目の関連銘柄3選

 

3-2.自動運転は材料が豊富でチャンスが多い

現在、自動運転車の開発は各企業が全力をかけ取り組んでいますが、そのような状況だからこそ自動運転関連銘柄は材料が次々と発表されやすいといった特徴があります。

 

自動運転に関する新たな材料がでれば期待値が高いだけに、投資家から注目を浴びやすくなります。

 

特に自動運転は様々な関連株との繋がりが多い為、材料が豊富に見込めます。

 

実際、自動運転関連銘柄の材料が発表されたことにより、関連銘柄は株価上昇しています。

 

上昇した関連銘柄
  • 【2303】ドーン 約10倍
  • 【8462】FVC 約9.8倍
  • 【4667】アイサンテクノロジー 約7.5倍
  • 【4288】アズジェント 約6.7倍
  • 【3652】DMP 約2.8倍(過去に約15倍)

 

など、大きく上昇した銘柄を中心に取り上げましたが、好材料が何度か発表されることで高値を更新していった銘柄もありました。

 

このように、自動運転関連銘柄は今後大きく期待ができるセクターであり、関連された銘柄も多いためしっかりチェックしておきましょう。

 

【ここだけチェック!】
  • 自動運転に必須な技術に関わる関連株はチェック!
  • 様々な関連企業が絡むので材料が発表されやすい

 

4.注目の自動運転関連銘柄

 

ここから注目の自動運転関連銘柄をチェック。自動車メーカー以外で見ていきます。

 

4-1.【6796】クラリオン

市場 東証一部
業績 電気機器
単位 1000株
比較される銘柄 パナソニック、アルパイン
注目ポイント クラウドサービスでグーグルと契約締結している

 

同社は自動車向けクラウドサービスでグーグルと契約締結しています。

グーグルの音声検索システムを利用したクラウド情報ネットサービス「Smart Access」を利用したナビなどを展開しています。また、車載カメラシステムの売上成長も見込める為、同社に注目です。

 

4-2.【3724】ベリサーブ

市場 東証一部
業績 情報・通信業
単位 100株
比較される銘柄 ゼンリン、ファルコHD
注目ポイント 自動運転や車載機器などの案件が拡大

 

同社は、道路交通システムやカーナビなど開発中の製品やシステムの検証が主力。自動運転関連銘柄としては注目されやすく、直近の業績としても自動運転や車載機器などの案件が拡大し伸びていることからも注目の銘柄です。

 

4-3.【3653】モルフォ

市場 東証マザーズ
業績 情報・通信業
単位 100株
比較される銘柄 システナ、ACCESS
注目ポイント ディープラーニング分野の開発に期待

 

同社は画像認識技術を強みとしており、米半導体大手のエヌビディアとの連携。また、自動車部品のトップメーカーの【6902】デンソーと資本提携などもあり、ディープラーニング分野の開発に期待が大きく関連銘柄として注目です。

 

4-4.【4667】アイサンテクノロジー

市場 ジャスダック
業績 情報・通信業
単位 100株
比較される銘柄 ドーン、コア
注目ポイント 愛知県の自動走行実証推進事業を受託

 

同社は3次元位置情報移動計測装置を開発しており、愛知県の「自動走行実証推進事業」を受託。高精度3Dマップや遠隔型自動走行システムを活用し、ZMP、名古屋大学と一緒に公道での実証実験も行う予定で注目の銘柄です。

 

5.まとめ

自動運転車は世界各国の企業が力を入れているセクターで、近い未来レベル3の自動運転が実現する可能性があります。

 

国策でもあり東京オリンピックまでを目処としていること、各企業の実証実験も本格化してきたことで、今後注目されるのは間違いないでしょう。

 

大きな投資テーマとしても魅力的な自動運転を抑えておきましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中
SNSにてすぐに情報を受け取れます
Twitterもやっております



この記事が気に入りましたら是非フォローしてください!