無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、ヘッジファンドバンキング社が運営するサービス名『カブトレックス投資顧問』です。

ドライブレコーダー関連銘柄に注目!売り上げ倍増中の理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

全ての車に「ドライブレコーダー」が標準装備される未来はそう遠くないかもしれません。

相次ぐ自動車事故に対する意識の高まりからドライブレコーダーへの関心も急上昇しているようで、関連銘柄にも動きが見え始めています。

 

相場は3万円前後という車載カメラで安心が買えるとなれば、安いと考えるのも当然の流れなのでしょう。

ドライブレコーダー市場の伸びしろが大きいことから、投資家の関心も今後さらに高まっていくことが予想されます。

 

 

1.ドライブレコーダーが爆発的ヒットの予感!

 

一般的に車のフロントに設置されている車載カメラ、ドライブレコーダーは今なぜ注目を集めているのでしょうか。

 

1-1.ドライブレコーダーが注目される理由

テレビのニュースで目にする機会が増えている運転トラブルが刺激となり、ドライブレコーダーの売れ行きは絶好調のようです。

 

そのきっかけとなったのが、2017年6月に高速道路で起きた事件。

 

執拗な進路妨害など危険運転の果てに事故を招き、後続の夫婦を死亡させた福岡の男性を逮捕する決め手となったのが、ドライブレコーダーの映像でした。

様々なメディアで取り上げられたことで、ドライブレコーダーの有効性が多くの国民に強く認識されることとなりました。

 

車載カメラとして鮮明な映像や音声を記録し、万が一交通トラブルが発生した際には食い違う主張を証明する役割を果たすことができる。

ドライブレコーダーは自分や同乗者、そして大切な家族を守るためにも、車の保険のような役割を果たすという考えから需要が高まっているのです。

 

しかし、2013年から2016年にかけて売上台数は約3倍に増加しているものの、普及率で見ると一般ユーザーへはまだ1割にも満たないと言います。

ただ国民の安心や安全に対する意識は確実に高まっていることから、数年後には全車種に標準装備されていてもおかしくない機能と言えるでしょう。

 

1-2.貸切バス事業者に車載カメラの設置義務化へ

ドライバー自身が意識し、安全運転への向上が期待できるとして、国土交通省ではこれまでドライブレコーダーの装着を推進してきました。

 

しかし、2016年1月に起きた軽井沢スキーバス事故では、貸切バスが転落して死傷者を出す大惨事でも目撃などの有力証拠がなく解明されないままに。

 

この事故を受けて国はバス事業者に対し、ドライブレコーダー装着の義務化へと踏み切りました。

・2017年12月1日より新車の貸切バスのドライブレコーダー装着を義務化

・2019年12月1日より貸切バス全登録車にドライブレコーダー装着を義務化

 

また、今後事故の原因分析や運転手への指導にもドライブレコーダーを活かし、安全運転意識の向上を図る方針です。

 

将来的には、事業者だけでなく一般ユーザーにも浸透させる狙いがあるものの、費用対効果の点において購買意欲に繋がっていないのが現実でしょう。

 

【ここだけチェック!】
  • 急増する交通トラブルを機にドライブレコーダーへの関心が高まっている
  • 貸切バスではドライブレコーダー装着の義務化が進んでいる

 

2.ドライブレコーダーの映像は動かぬ証拠!

 

ドライブレコーダーが役立ったと答える人は7割近くにのぼるそうですが、実際にどのようなメリット、デメリットが期待できるのか見ていきましょう。

 

2-1.危険運転の抑止に繋がるメリット

一番のメリットとして、事故処理がスムーズになるという点でしょう。

 

ドライブレコーダーに映像が記録されていることで、双方の意見に食い違いが生じた場合にも第三者の証言より確実な証拠が残ります。

当て逃げや盗難防止などの事件では証拠がないと警察は力を入れて捜査にあたってくれませんが、ドライブレコーダーの映像をきっかけに犯人逮捕へ繋がる場合もあるでしょう。

 

また、もうひとつの購入目的として、自身の運転技術向上だったり、記録されているという意識から日頃の安全運転への配慮を目指す声も多いようです。

 

スピードを出しすぎるなどヒヤリとするような運転を抑止する効果があり、結果的に車社会全体の安全面の向上が期待できます。

 

2-2.不利に働く可能性のあるデメリット

被害にあったときのことを想定し購入を目的とする場合が多いですが、万が一自分が加害者になった場合には不利な映像が残ります。

 

例えば、居眠り運転や運転中のスマホ、よそ見をしていたりカーナビに気を取られていたりなど、前方不注意として自分の過失が指摘されることもあるのです。

 

心当たりがある方は、その点を意識して安全運転を心がけましょう。

そしてもうひとつデメリットに挙がるのは、やはりコストの問題です。

 

ドライブレコーダーには5千円程度から3万円を超える高機能なものまで様々あることが、購入を迷ってしまう原因でもあります。

高機能かつ簡単操作でコストパフォーマンスが良い。

 

そのような顧客目線に優れたドライブレコーダーであれば、今後も勢いよく顧客獲得をし続ける企業へと成長していくことでしょう。

 

【ここだけチェック!】
  • 危険運転の抑止に繋がり万が一の事故対応もスムーズ
  • 費用対効果が明確でないため購入に踏み切れていないドライバーも多い

 

3.普及加速する期待大!ドライブレコーダー関連銘柄4選

 

関連銘柄にはドライブレコーダーやその部品などを製造から販売まで行う企業指しており、かなりの伸びしろがあることから大化け期待は高いと言えます。

 

3-1.【6752】パナソニック

市場 東証一部
業種 電気機器
単位 100株
比較される銘柄 ソニー、シャープ、日立
注目ポイント

AV機器や家電を主力とする業界大手

 

電気系統に強みを持つ同社のドライブレコーダー「CA-DR01D」の録画は、常時・手動の切り替えだけでなく急発進や急ブレーキを検知すると録画される。

老舗でありながら最新の顧客ニーズをしっかり押さえており、今後はドライブレコーダーも収益の柱となる可能性がある。

 

3-2.【6769】ザインエレクトロニクス

市場 ジャスダック
業種 電気機器
単位 100株
比較される銘柄 サンケン、メガチップス、TOREX
注目ポイント

車載向け製品に注力するファブレス半導体企業

 

自社ブランドを搭載し、ノイズ耐性を従来の10倍近くに高めた高解像ドライブレコーダーの製造を手掛ける。

証拠能力が高く、幅広いデータ伝送速度にも対応していることから、万が一トラブルに巻き込まれたときにも強く、需要を伸ばしていく期待が高い。

 

3-3.【6796】クラリオン

市場 東証一部
業種 電気機器
単位 1,000株
比較される銘柄 パナソニック 、日立 、ソニー
注目ポイント

車載用音響機器の大手で日産等からの受託製造も強み

 

日立製作所傘下の同社は車載カメラに注力するが、もともとカーオーディオなどで自動車関連銘柄としても知名度は高い。

主に業務用のドライブレコーダーを手掛けており、業績も堅調に伸ばしてきているため人気の銘柄でもあります。

 

3-4.【6840】AKIBAホールディングス

市場 ジャスダック
業種 電気機器
単位 1,000株
比較される銘柄 ネクスG、トランザス、Tホライゾン
注目ポイント

グループ会社のアドテックがドライブレコーダーを製造

 

ドライブレコーダーを手掛けるグループ会社を持っていることで注目され、そのほか音楽や映像、通信コンサルティングなど幅広い事業を展開する。

なんと言っても値動きが軽いという特徴が個人投資家の買いを誘いやすくしており、目が離せないドライブレコーダー関連銘柄のひとつ。

 

4.まとめ

 

ドライブレコーダーを装着した車が増えたように感じますが、まだほんの一握りにしか普及していない状況に伸びしろは大きいと言えます。

 

近い将来、カーナビのように標準装備が当たり前の世の中になっていることも予想されることから、息の長いテーマ株となるでしょう。

今のうちに仕込んでおいて、今後の可能性に期待したいところです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中
SNSにてすぐに情報を受け取れます
Twitterもやっております



この記事が気に入りましたら是非フォローしてください!