無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、ヘッジファンドバンキング社が運営するサービス名『カブトレックス投資顧問』です。

広がる需要┃最注目されるICタグ関連銘柄を要チェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

ICタグ関連銘柄への物色が目立ってきました。

 

様々なモノがインターネットに繋がるIoT化によって、ICタグの導入が進む国内小売業界にも大きな変化が訪れようとしています。

 

近い将来、コンビニやスーパーなどの店舗は全て無人レジにより精算が行われることを考えると、ICタグ関連はいま見過ごせないテーマと言えるでしょう。

 

 

1.無人レジを目指すICタグの可能性

 

人件費の削減や人材不足をも解決する次世代テクノロジー「ICタグ」の魅力を見ていきましょう。

 

1-1.そもそもICタグってなに?

ICタグとは、無線通信で情報の読み取りや書き換えを自動認識するシステムのことで、バーコードに代わる新技術として今注目されつつあります。

 

専用の電子装置にかざすだけで情報が取得されますので、非接触タグや電子タグとも呼ばれ、複数の商品を同時に読み込むことが可能。

つまり、ICタグ導入によってレジで精算するという行為自体が無くなり、電子装置を通るだけで代金がクレジットカードからの精算を可能とするのです。

 

2016年5月には経済産業省が「クレジットカードのICチップに対応した読み取り端末の導入を店舗に義務付ける法改正を行う方針」を固めました。

 

また、ICタグは金額だけを読み取る従来のバーコードとは違い、生産や流通、商品管理など様々な場面での活躍も期待されています。

 

1-2.ICタグのメリット・デメリット

ICタグがもたらす一番のメリットは人件費の削減と人手不足の解消でしょう。

 

この2点は無人レジの導入によって改善でき、商品をかざす必要がない無線通信のICタグ活用でレジ待ちの時間も解消でき消費者にとっても楽になります。

値段以外の情報でも、ICタグに記憶しIoT化によって商品管理を自動で行うことができ、在庫状況や発注なども効率化が見込めるのです。

 

ですが生産や流通、商品販売から管理まで人間の手が必要なくなるということは機械に仕事を奪われてしまうとも言い換えることができます。

 

そのほか考えられるデメリットはICタグやそれを読み取る電子機器の導入コストが高く、大規模な設備投資が必要とされること。

そして、万引きや強盗などセキュリティ面の強化も課題となるでしょう。

 

1-3.アパレル業界が先導するICタグの活用

2017年11月7日の日本経済新聞で「ユニクロが国内外の全商品にICタグを取り付け」と伝えられたことが、ICタグ関連銘柄には追い風となりました。

 

すでにファーストリテイリングが運営するGUの一部店舗ではセルフレジの導入が進んでおり、会計を効率化することで接客を手厚くする動きをとっています。

同じくアパレル会社のオンワードホールディングスも、ICタグを一部店舗に導入しており、検品作業などの効率化を図っている。

 

業界を代表するユニクロが初期投資に数百億円のお金をかけ、ICタグ導入に舵を切ったこと、小売業界への影響は非常に大きいはずです。

ICタグの活用は急速に広まると期待でき関連銘柄には目が離せません。

 

【ここだけチェック!】
  • ICタグは無線通信で情報の読み取りや書き換えを自動認識するシステム
  • ICタグを導入することで人件費の削減や人手不足の解消ができる

 

2.幅広い分野での活躍が期待されるICタグ

 

経済産業省が推進するICタグは、資産管理や防犯対策など用途が幅広く活躍できる場が多いことからも特需が期待されています。

 

2-1.ICタグで医療用品の管理

弱点だった水や熱に対応し、電波を飛ばさず、金属に取り付けても影響が無いICタグが開発されたことで、医療現場でも使用できるようになりました。

 

安全かつ精度の高い認識システムで、業務負担の軽減や管理作業の効率化を実現することができます。

 

病棟や部門ごとにアンテナを設置し、医療機器の稼働率や在庫管理、書類の出し入れなど細部までICタグにより一括管理することが可能。情報伝達の遅れやミスが許されない医療現場へのICタグ導入は今後、加速していくことが予想されます。

 

2-2.防犯システムにICタグの導入

安全と防犯のため、子どもたちの登下校を記録するICタグを沖縄県内の宜野湾小学校が導入しました。

ランドセルなどに付けたICタグが、自宅や学校に設置されたセンサーに反応して登校や帰宅の時間を家族と学校で把握することができます。

 

個人情報保護の観点から、保護者の承諾を得られない場合もあり希望者にのみ貸与としていますが、機材や設置は全てNPO法人が負担しているとのこと。

 

学校だけでなく将来的には企業にもICタグが導入され、勤怠管理が行われるという動きもごく自然な流れかもしれません。

 

2-3.経済産業省がコンビニICタグ1,000億枚宣言

経済産業省主導で、大手コンビニ5社(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズ)が無人レジの導入を宣言しました。

 

2025年までに全商品ICタグで管理するには年間でICタグ1,000億枚も必要で、国策とも言える規模に関連銘柄にとっては特大ニュース。

 

同時進行でICタグ1つあたりの単価を1円以下にする動きもあり、低コストで、人材不足や人件費の上昇という問題解決の糸口にもなります。

 

すでにローソンとパナソニックが2016年12月から無人レジの実証実験を開始しており、本格的な特需がすぐそこに迫っていると期待できるでしょう。

 

 

【ここだけチェック!】
  • 水や熱にも強く電波を発さないICタグが医療機関でも採用されている
  • 防犯システムとしても機能するICタグは小学校でも導入されている

 

3.急騰期待のICタグ関連銘柄を厳選!

 

ICタグ自体を製造する企業やそれを読み取る電子装置など、需要拡大が期待されるICタグ関連の本命4銘柄をピックアップします。

 

3-1.【6287】サトーホールディングス

市場 東証一部
業種  機械
単位 100株
比較される銘柄  スター精、マース、渋谷工
注目ポイント  世界トップクラスの自動認識技術を持つ

 

ラベルを商品に貼る製品「ハンドラベラー」を開発したのは同社が世界初。

バーコードのスキャナやプリンタ等の自動認識システムでも世界トップクラスを誇り、ICタグ関連銘柄の中でも本命視されている。

 

3-2.【7855】カーディナル

市場 ジャスダック
業種  その他製品
単位 100株
比較される銘柄  共同印、内田洋、野崎紙
注目ポイント  認証カードの専業メーカーでICタグにも注力

 

もともとタグが内蔵された社員証や会員証など様々な認証カードの製造を行っており、近年ICタグに注力していることから注目される銘柄。

値動きが軽く個人投資家に人気で短期資金が集中しやすいため、これまで材料が出る度に2~3倍の急騰を見せている。

 

3-3.【3837】アドソル日進

市場 東証一部
業種  情報・通信業
単位 100株
比較される銘柄  ジシステム、日本アジアG、ソーバル
注目ポイント  大企業向け大規模システム開発が主力

 

システムやソフトウェア開発などのサービスを展開する老舗で、同社のハンズフリー認証システムが無人レジなどに導入されると期待できる。

ICタグに関連してIoT機器やセキュリティ分野にも強く、テーマ性豊富な企業。

 

3-4.【5162】朝日ラバー

市場 ジャスダック
業種  ゴム製品
単位 100株
比較される銘柄  オカモト、不二ラテ、フコク
注目ポイント  自動車や医療、スポーツ用ゴムを展開

 

工業用や衛生用のゴム関連用品を扱う同社の表面改質技術を応用し、接着・加工をICタグに施した製品の活躍が期待される。

2014年には約1ヶ月で株価10倍に急騰したこともあり、個人投資家に好まれる面白そうな銘柄の1つ。

 

4.まとめ

 

汎用性が高いと注目され始めたばかりのICタグ関連銘柄で見られる物色は、まだ初動の段階で非常に割安な状態であると言えます。

 

海外では増えているようですが、国内全てのコンビニが2025年までにICタグを活用すれば、無人レジが主流となっていくかもしれません。

 

市場規模は非常に大きいと予想できるため、これから息の長いテーマとしてチェックしておく必要があるでしょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中
SNSにてすぐに情報を受け取れます
Twitterもやっております



この記事が気に入りましたら是非フォローしてください!