無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、ヘッジファンドバンキング社が運営するサービス名『カブトレックス投資顧問』です。

ライザップの東証一部上場はいつ?鞍替えに備え関連銘柄もチェック必須

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

芸能人を起用したCMで一躍有名となった「ライザップ」は、プライベートジムの成功で得た資金でM&A戦略を積極的に行ってきました。

 

自慢のマーケティング力によってどの事業も業績回復が目覚ましく、更なる多角化で勢力を広げていくと見ています。

 

株式市場の重要テーマの1つとして、ライザップグループと主要関連銘柄を押さえておきましょう!

 

 

1.海外事業も展開するライザップの凄み

 

札幌証券取引所のアンビシャスに上場する「RIZAPグループ」の前身となる健康コーポレーションはどのようにして大企業へと変貌を遂げたのでしょうか。

 

1-1.美容・健康食品通販からのスタート

「結果にコミット」でお馴染みのライザップは、自己投資産業で頂点を極めるとの公言通り、以下4つの部門で構成されています。

 

  1. 美容・健康関連
  2. アパレル関連
  3. 住関連ライフスタイル
  4. エンターテインメント

もともとは健康コーポレーションとして事業をスタートし、美容や健康、ダイエット食品を扱っていた豆乳クッキーダイエットが大ヒット。

その後、事業に関連性の高いプライベートジム「ライザップ」の運営が軌道に乗り、現在は海外も含めて100店舗以上も構えるまでに成長しました。

 

2016年1月には「RIZAPグループ」へと社名を変更し、その成功資金で次々にM&A(買収)を行い、多くの企業をグループ傘下に迎えています。

現在、RIZAPグループの子会社数は60社に届く勢いで成長を続けている。

 

1-2.ライザップ関連銘柄が連日急騰した理由

なぜ、これほどまでにライザップ関連銘柄は注目されたのでしょうか。

その1番の理由として、2017年5月15日大引け後に発表されたグループ子会社の決算にて業績が軒並み回復傾向にあることが好感された恰好です。

 

翌日16日より連日「ライザップ祭り」の状態が続き、これまで仕掛けてきたM&A戦略が順調であることを裏付けています。

 

また、これだけ人気を博した背景にはあるカラクリがありました。

 

かつてライブドアが株価吊り上げに用いた「株式分割」ですが、今回ライザップ関連銘柄のうち2つの銘柄が2分割を行っているのです。

 

そして、ボロ株から急成長を遂げているその他の銘柄でも今後、大きな株式分割を実施する可能性も十分にあります。

 

▼株式分割で株価にどう影響するかの背景も理解しておきましょう。

【株式分割した銘柄が上がる理由と仕組み、探し方から狙い目まで】

 

【ここだけチェック!】
  • RIZAPグループは4つのカテゴリを軸に現在50社近くの企業を傘下に持つ
  • ライザップが買収した企業の業績回復が著しいことが株価に反映している

 

2.東証一部上場は近い?ライザップ鞍替えの可能性

 

業績も株価も好調なライザップですが、もうひとつ注目されているのが「いつ東証一部へ上場するのか」という点です。

 

2-1.年内上場を示唆する瀬戸社長の発言

現在、ライザップは札幌アンビシャス市場に上場しており、そのなかで時価総額は当然の1位を築いています。

その知名度や業績、時価総額などを考慮すると、既存の東証一部上場企業にも類を見ないメジャー級の大企業と言えるでしょう。

 

以前より東証一部への鞍替えが噂されてきたライザップですが、いよいよ東証一部への上場を示唆するかのような発言が注目を集めています。

 

2017年6月24日、株主総会が開かれたときのことです。

 

東証一部への鞍替えはいつか、という株主からの質問に対して瀬戸社長は、

「2~3年先の夢物語を話すわけにはいきません。楽しみにお待ち頂ければと思います。」

と答えました。

 

東証一部への上場は2、3年先の話しでは無い、上場は近い、という意味として受け止めることができ、一年以内か早ければ今期中という見方が濃厚です。

 

2-2.ライザップグループの新規事業と買収の動向

ライザップの買収対象となる企業は業績不信で今にも倒産しそうな企業であることが多く、5月に傘下入りしたばかりの堀田丸正も経営再建中のボロ株です。

 

こうしたM&A戦略を自慢のマーケティング力によって成功へと導いてきたライザップは、今後もグループ企業を増やしていくことが考えられます。

 

新たな動きとして「ライザップイングリッシュ」や「ライザップゴルフ」などの新規事業にも注目しておかなければなりません。

これらもライザップが重きを置く自己投資産業に関連するもので、同じくサラリーマンを中心に大ヒットを予感させます。

 

今後の買収案件はそうした方向に向かう可能性も高く、先取りを狙った物色対象をチェックしておくとヒントが見えてくるかもしれません。

 

【ここだけチェック!】
  • ・ライザップの東証一部上場は一年以内か早ければ今期中が濃厚
  • ・今後の買収対象は新規事業に関連してくるという見方が強い

 

3.期待の4選!ライザップグループ主力関連銘柄

 

 

経営状況が好ましくない企業を次々と買収し、成長させることに成功しているRIZAPグループ(2928)の傘下より主力関連銘柄をご紹介していきます。

 

3-1.【3140】イデアインターナショナル

※▼のマークの部分は株式分割

市場 ジャスダック
業種 卸売業
単位 100株
比較される銘柄 CBGM、カッシーナ、イワキ
注目ポイント インテリア雑貨・旅行用品などの企画開発・販売を行う

 

2013年9月にライザップグループ入りし、取り扱う雑貨などはネット通販だけでなく直営店も展開している。

ライザップの進めるM&A戦略のうち「住関連ライフスタイル事業」のカテゴリにあたり、業績も好調である。

 

3-2.【3185】夢展望

※▼のマークの部分は株式分割

市場 東証マザーズ
業種 小売業
単位 100株
比較される銘柄 ハニーズHD、千趣会、バロック
注目ポイント 若い女性向け衣料品のネット通販を展開する

 

2015年3月にライザップグループ入りし、10~20代の女性をターゲットに衣料品ネット通販を展開している。

時価総額は比較的小さく、業績の改善余地が大きいことから、とくに短期急騰が期待できる銘柄としてチェック。

 

3-3.【9980】マルコ

市場 東証2部
業種 小売業
単位 100株
比較される銘柄 ハニーズHD、バロック、夢展望
注目ポイント 女性用体型補正下着やボディケア化粧品の訪問販売を行う

 

2016年7月にライザップグループ入りし、ライザップで引き締めた体型維持に同社の補正下着を用いるビジネスモデルで成長を加速。

ライザップの顧客基盤とのシナジー効果で収益改善が進み、好決算の発表と同時に株主優待も拡充させている。

 

3-4.【8105】堀田丸正

市場 東証2部
業種 卸売業
単位 100株
比較される銘柄 ツカモト、たけびし、丸文
注目ポイント 呉服問屋に始まり和装や洋装が中心の繊維商社中堅

 

2017年5月にライザップグループ入りし、和装・洋装の海外展開やネット販売の強化、新商品の開発などに注力する。

アパレル部門の成長に必須である、素材の開発・企画・生産・販売までのプロセスを一貫して行えるビジネスモデルを目指す。

 

3-5.その他ライザップグループ関連銘柄

以下の5銘柄もライザップ関連として欠かせない銘柄となっています。

 

銘柄 注目ポイント
【4650】SDエンターテイメント ゲームやボーリング、フィットネス施設など幅広い運営を行う。
【7448】ジーンズメイト ジーンズ中心のカジュアル専門チェーンを展開する。
【7577】パスポート 首都圏を中心にインテリア雑貨や生活雑貨を全国展開する。
【4833】ぱど 無料情報誌を配信する業界大手。
【7831】ウイルコホールディングス ぱどの大株主である関西ぱどが同社の100%子会社であることから、間接的にライザップグループの刺激を受ける。

これらの関連銘柄も同時にチェックしておきましょう。

 

4.まとめ

 

ライザップグループ傘下には未上場企業も多く存在する。

M&Aを行った各企業の業績は大幅に改善していることから、そのマーケティング力に関心が高まっています。

 

「人は変われる」を企業コンセプトに掲げ、勢力の拡大が期待されるライザップグループには今後も目が離せません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中
SNSにてすぐに情報を受け取れます
Twitterもやっております



この記事が気に入りましたら是非フォローしてください!