無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です

アメリカ関連銘柄!経済的に深い関係にあるアメリカの動向に注視しておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

世界の「超大国」として各国に大きな影響を及ぼす米国。

2017年にトランプ氏が大統領に就任して以降、米国はより一層世界の注目を集める存在となっています。

 

最近では中国との貿易関税問題などによって、世界経済全体に影響を及ぼしているとも言われています。

日本にとって、米国は政治・経済的に切っても切れない関係にあります。

 

当然日本企業にとっても、米国の動向は業績に大きな影響を与える要素となります。

 

今回は米国の動向に大きな影響を受ける企業を取り上げ、株価動向やその背景について分かり易くご紹介したいと思います。

 

 

1.「アメリカ」関連銘柄とは?

2017年1月にドナルド・トランプ氏がアメリカ合衆国大統領に就任しました。

当時の下馬評ではヒラリー・クリントン氏が優勢と見られていましたが、それを覆し世界中を驚かせる結果です。

 

トランプ氏は、大統領選において様々な政策を掲げていました。

メキシコとの国境に壁を建造するなど、「異質な」政策を次々と提示したのです。

 

その中の1つが通商政策です。

 

米国第一主義に基づく通商協定の締結を掲げ、TPPからの離脱を表明。

米国にとって不利となっている貿易相手と個別に交渉することを原則とし、TPPのような複数国家間での枠組みを嫌ったのです。

 

これまでナーバスな問題であり、時間を掛けて取り組まれてきた貿易問題について、トランプ大統領は短期間で物事を動かしました。

2018年以降の中国との貿易戦争問題は、これらの公約が土台にあります。

 

米国にとって中国は年々貿易赤字が膨らむ相手でした。

 

BBCの記事によれば、2018年時点での貿易赤字は4,200億ドルと、2000年での1,000億ドルに比べ約20年間で4倍以上に拡大しているのです。

こうした米国経済の動向は、日本企業にも影響を及ぼします。

 

例えば米国の顧客に販売している企業で、中国の生産拠点から輸入している場合、従来よりも高い関税が発生するためにコストが上昇します。

一方で、追加関税は米国製品価格の相対的な価格低下をもたらします。

 

そのため、米国で製造・販売している企業は相対的に優位な状況に立つことができるのです。

このように、米国でビジネスを展開している企業は、米国の動向によって業績に大きな影響を受けることになり、「アメリカ」関連銘柄と言えるでしょう。

 

【ここだけチェック!】
  • トランプ政権誕生後、アメリカの動向は短期間で大きく変動するようになった
  • 日本企業はアメリカでビジネスを展開している企業が多く、アメリカの動向に影響を受けやすい

2.「アメリカ」関連銘柄が上昇する理由は?

 

「アメリカ」関連銘柄が株式市場で注目されている理由は、アメリカ政策の変化による業績への好影響です。

先程ご紹介したような通商政策は代表例と言えます。

 

また、トランプ大統領による代表的な政策の1つとして挙げられるのが、10年間で1兆ドルのインフラ投資でしょう。

国内経済の活性化を目的として、巨額の財政出動をコミットしたのです。

 

一方で、米国の財政状態は余裕のある状況ではありません。

そのため財政面の不安から米国金利が上昇しました。

その結果、ドル高円安の状況となり、日本の輸出企業にとっては大きな追い風となったのです。

 

2-1.3ヶ月で80%上昇した【6753】シャープ

同社はテレビや冷蔵庫など様々な家電製品を製造・販売している企業です。

元々は液晶テレビで第一線を走っていましたが、業績が悪化し2016年に鴻海精密工業グループの傘下に入りました。

 

現在同社の売上高は約7割が海外からの売上高となっており、輸出が主体のビジネスモデルとなっています。

 

そのため、為替レートが円安方向に進むことは同社にとってはポジティブと言えます。

そうした業績面への好影響を見込み、2017年1月のトランプ大統領就任以降株式市場では注目を集め、約3か月間で80%程度と大きく上昇しました。

 

2-2.株価90%上昇した【6141】DMG森精機

同社は国内外で幅広く展開している工作機械メーカーです。

 

切削型工作機械の総合メーカーとして歴史を積み重ねてきた森精機と、欧州中心に展開してきたDMGが経営統合して生まれた会社であり、資本業務提携を開始してから6年掛かりで今の形となっています。

 

同社の海外売上高の構成比はシャープよりも高く85%程度となっており、外需依存型の形態です。

そのためシャープ同様円安メリットを大きく享受する企業として株式市場から注目されました。

 

株価は2017年1月以降3か月間で20%超、約1年間で90%超と大幅に上昇したのです。

他にもトランプ大統領就任以降株価が大きく上昇した銘柄は多数存在しました。

米国向けや円安メリットを享受する企業は裾野がかなり広いので、米国の動向によって株式市場内で大きな流れとなった場合には、幅広く投資をしてみても良いかも知れません。

 

【ここだけチェック!】
  • 米国の政策変化によって業績に好影響がもたらされる企業は注目されやすい
  • 円安以外にも様々な要素で好影響がもたらされる銘柄が存在するため、「アメリカ」関連銘柄は裾野が広い

 

3.「アメリカ」関連銘柄リスト

 

アメリカ関連銘柄リストをご紹介していきます。

【4575】キャンバス 抗がん剤の研究・開発を行うバイオベンチャー。販売先がほぼ米国となっており、米国の動向に影響を受けるやすい。
【4587】ペプチドリーム 独自の創薬開発プラットフォームシステムを構築する創薬企業。販売先が米国中心となっており、米国の動向に影響を受けるやすい。
【4334】ユークス 任天堂やバンダイナムコ向けにゲーム開発を手掛ける企業。販売先の半数以上が米国なっており、米国の動向に影響を受けるやすい。
【4425】Kudan AP(人工知覚)に関連する技術を研究開発している企業。販売先の半数以上が米国なっており、米国の動向に影響を受けるやすい。
【3680】ホットリンク TwitterなどのSNSマーケティングサービスを手掛ける企業。販売先の約半数が米国なっており、米国の動向に影響を受けるやすい。
【5105】TOYO TIRE 自動車向けのタイヤを製造・販売する他、自動車内の振動制御部品も手掛ける。販売先の中心が米国なっており、米国の動向に影響を受けるやすい。
【7983】ミロク ショットガンやライフルの製造や工作機械の製造を手掛ける。米国が日本に次ぐ販売先となっており、米国の動向に影響を受けるやすい。
【3355】クリヤマホールディングス ゴム・合成樹脂製品の製造・販売に加え、施工業務までを手掛ける企業。米国が日本に次ぐ販売先となっており、米国の動向に影響を受けるやすい。
【7865】ピープル 幼児用自転車や育児用品などを製造・販売する企業。米国が日本に次ぐ販売先となっており、米国の動向に影響を受けるやすい。
【4579】ラクオリア製薬 医療分野においてニーズの高い疾患領域で新たな医薬品を開発する製薬企業。米国が日本に次ぐ販売先となっており、米国の動向に影響を受けるやすい。

 

 

4.おすすめアメリカ関連銘柄

4-1.【5301】東海カーボン

市場 東証一部
業種 ガラス・土石
単位 100株
関連企業 カーボン、ノリタケ、東洋炭素
企業概要 導電体として必要な黒鉛電極やファインカーボンなどを製造・販売する企業。

米国が日本に次ぐ販売先となっており、米国の経済動向が上向けば注目度が高まる可能性。

 

4-2.【7718】スター精密

市場 東証一部
業種 機械業
単位 100株
関連企業 ソディック、ツガミ、浜井産
企業概要 小型プリンターやカードリーダーなどを製造・販売する企業。

米国向けが販売先の中心となっており、 米国の経済動向が上向けば注目度が高まる可能性。

 

4-3.【4633】サカタインクス

市場 東証一部
業種 化学業
単位 100株
関連企業 洋インキHD、DIC、T&K
企業概要 新聞インキや書籍・商業印刷分野向けのインクを製造・販売する企業。

米国が日本に次ぐ販売先となっており、米国の経済動向が上向けば注目度が高まる可能性。

 

【ここだけチェック!】
  • 米国向けの売上高構成比が高い企業は、米国経済が上向けば一気に注目度が高まる可能性が高い
  • 一方で、米国経済がネガティブ視されれば株価は下落する可能性があるので注意が必要

 

5.まとめ

 

トランプ大統領就任以降、激減しつつある米国。

オバマ政権が様々な国との友好関係を重視したのとは対照的に、トランプ大統領は米国主義を貫いています。

そういった面で、政策が大きく転換していると言えるでしょう。

 

米国で展開する日本企業は、そうした変化に対応を迫られており、もしかすると苦労している企業も多いかも知れません。

しかし米国経済が結果的に上向けば、そうした企業には恩恵が大きいと考えられます。

 

今回はアメリカ関連銘柄としてアメリカ向け売上高が大きい企業を中心にご紹介しましたが、アメリカの動向が影響を及ぼすのはアメリカ本国に留まりません。

 

日本を始め、新興国にも多大な影響を及ぼしますので、関連銘柄の範囲はかなり広いと言えるでしょう。

 

アメリカの金融政策を中心に、為替相場や貿易政策とその影響範囲を幅広く捉えておくことが、株式投資全体への理解を深めることに繋がるかも知れません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中
SNSにてすぐに情報を受け取れます
Twitterもやっております



この記事が気に入りましたら是非フォローしてください!

厳選おすすめ記事5選