無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、ヘッジファンドバンキング社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です。

注目のeスポーツ関連銘柄の解説。時代が生んだ新たなスポーツに関心高まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

 

2024年「ビデオゲーム」がついにオリンピックのメダル項目になる時代がきました。

 

eスポーツ競技で行われるゲームタイトルを持つ企業を中心に、新たに新規参戦を考えている企業などにも投資家の関心が高まっています。

 

【4751】サイバーエージェントや【9697】カプコン、【6050】イー・ガーディアンといったeスポーツ本命銘柄は買いが集中し株価は2倍。

 

今回は今注目すべきeスポーツ関連銘柄と、これまで上昇してきた理由を分かりやすく取り上げていきます。

 

1.eスポーツは日本のゲーム市場を爆発的に拡大させる可能性を持つ

米中韓では多くのユーザーから支持されているeスポーツですが、日本で開催される際にどのような恩恵を受けるのかを紹介していきます。

 

1-1.eスポーツとは

eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)は、スポーツ競技同等の形式でコンピューターゲームやビデオゲーム使った対戦行う大型大会です。

 

優勝賞金は「数億円以上」になることもあり、スポンサーの収入や大会賞金のみで生計を立てている「プロゲーマー」も存在します。

 

競技人口は一億人以上おり、2018年度の市場規模は約1,000億円以上になるほどの人気振り。

 

欧米や中国韓国を中心に行われてきましたが、アジアオリンピックにeスポーツがメダル種目として認定され日本も後を追うことに。

 

2018年2月には日本でeスポーツの普及と発展を図る「日本eスポーツ連合」が設立され、eスポーツ出場に向けてプロゲーマーのライセンス発行を行えるようになりました。

 

日本初のプロゲーマー選手チーム誕生で、テレビや紙面など各メディアで取り上げられる機会も増えました。

 

ここ最近ではプロゲーマー育成施設やeスポーツプロチームのスポンサーに就く企業も出始め、株式市場でも注目される程大きなテーマ株となりました。

 

1-2.eスポーツに関する直近のニュース

数年前から徐々に話題が浮上してきたeスポーツ関連ですが、2018年に入ってからは急激な速さで成長しています。

 

  • 2018年

    2月1日

    日本でeスポーツの進行していた3つの団体を統一。

    日本eスポーツ連合(JeSU)を設立し、プロゲーマーとしてのライセンス発行が開始しました。

  • 2018年

    2月23日

    オアシス・マネジメントが日本のeスポーツ関連銘柄への投資を拡大。

    カプコン株の買い増しとスクエニHDを新規購入したと発表し、投資家から大きな注目を集めました。

  • 2018年

    3月7日

    eスポーツを支援するため、吉本興業がプロゲーマーのマネジメントやチーム運営を手掛けると発表。

    大型イベントなどを展開し、配信プラットフォームでの実況配信及び広告収入を狙います。

  • 2018年

    4月26日

    Jストリームはソフマップが開設するeスポーツスタジオに技術提供を行い、ライブコマーズが実施可能なライブ配信を開始すると発表しました。

  • 2018年

    5月16日

    ソフトバンクコマース&サービスは日本プロeスポーツチームとスポンサー契約を締結。

    自社動画配信関連製品の販売拡大を目指します。

  • 2018年

    5月27日

    2018年8月18日にインドネシアで開催されるeスポーツのデモンストレーション競技にて、コナミホールディングス社製のゲームソフトが競技に使われると発表。

    日本初プロゲーマーの出場も決定しました。

 

 

【ここだけチェック!】
  • eスポーツの市場規模は約1,000億円以上で、競技人口は一億人以上にものぼる
  • アジアオリンピックにeスポーツがメダル種目として認定された

 

2.過去に上昇したeスポーツ関連銘柄と、その上昇理由

 

過去に上昇した関連銘柄と、その上昇理由を見ていきましょう。

 

2-1.国内最高額のeスポーツ賞金などの話題性で株価2倍!

銘柄 安値 高値 倍率
【4751】サイバーエージェント 2017年10月20日 安値 3,230円 2018年6月14日 高値 6,700円 +3,470円(+107.43%)

子会社が販促向け動画広告の開始を皮切りに、ネットTV「AbemaTV」の成長を期待した投資で株価上昇。

 

その後2018年12月に日本で開催される世界大会「World Grand Prix 2018(仮)」の優勝賞金を5万ドルから100万ドルに引き上げると発表。

 

堅調に上昇し続けている株価を更に押し上げる材料となった。

 

2-2.eスポーツの大型イベント効果期待で株価2倍!

銘柄 安値 高値 倍率
【9697】カプコン 2017年9月27日 安値 1,315円 2018年5月21日 高値 2,700円 +1,385円(+105.32%)

元々北米を中心展開していたeスポーツ事業を、国内でも本格的に参戦すると発表。

 

元々安定したヒット作品をリリースし続けているほか、eスポーツなどの大型イベント効果による収益拡大期待で底堅い株価上昇を遂げた。

 

2-3.eスポーツプロチームを所持、新作ゲームへの期待で株価2.1倍!

銘柄 安値 高値 倍率
【3911】Aiming 2017年8月1日 安値 436円 2017年8月28日 高値 920円 +484円(+111%)

2015年にeスポーツのプロチーム「DeToNator」のメインスポンサーに就任している同社だが、主な事業内容はスマホやPC向けオンラインゲームの開発。

 

2017年の8月18日から事前登録を開始した新作ゲームが、僅か数時間で事前登録者数150万人を突破したと発表し株価を大きく上昇させた。

 

2-4.業績が向上とeスポーツサポート向け施設の開設で株価2.2倍!

銘柄 安値 高値 倍率
【6050】イー・ガーディアン 2017年11月15日 安値 2,136円 2018年4月10日 高値 4,825円 +2,689円(+125.88%)

スマホ市場の拡大に合わせ、SNS等の投稿監視のほかに運用支援や代行事業も手掛けている。

 

AIを活用した高性能を駆使したサービスの評価が高く、ここ数年で業績は飛躍的に伸びている。

 

またeスポーツがオリンピックの正式競技に採用されるのを見据え、4月19日にゲームサービスに特化した施設「大阪GAMELABO」の開設も注目を集めた要因。

 

 

【ここだけチェック!】
  • eスポーツ競技に選ばれたゲームタイトルを持つ企業や、選手育成施設を持つ企業は注目を集め易い。
  • 関連銘柄の中でも業績の良い銘柄は底値硬く推移することが多く、長期目線で見れば比較的安全に投資を行える

 

3.主要のeスポーツ関連銘柄

銘柄 備考
【3911】Aiming eスポーツプロチーム「DeToNator」のメインスポンサー。同社はゲーム市場の発展と認知度向上に注力しており、値動きの軽さと材料が出た時の注目度が高い。
【4751】サイバーエージェント 2018年12月に日本で開催されるeスポーツの競技「シャドウバース」の優勝賞金が、国内最高額の100万ドルに。
【9684】スクエニHD 「ドランゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」といった人気ソフトを保有しているゲーム業界大手企業で、今後eスポーツ事業に注力していくと発表。
【9421】エヌジェイHD 直接的なeスポーツ関連銘柄ではないものの、スクエニHDの子会社でありゲーム事業では十分な実績を持つ。今後eスポーツに関わっていく可能性も高いため要注目。
【9766】コナミHD eスポーツ促進機構が主催する大会に協力しているだけでなく、2018年8月18日に開催されるeスポーツアジア大会にて自社製ゲームソフトが競技に使われる。
【9468】カドカワ 「一般社団法人e-sports促進機構」の設立に関わっており、日本代表のeスポーツプロライセンスを新たに発行するなど市場発展の推進を行う。
【3760】ケイブ 自社製品「ゴシックは魔法乙女」が好調で、同タイトルをeスポーツ化しようと推進している。韓国のゲーム企業と業務提携も注目材料。
【3904】カヤック eスポーツ選手のマネジメントを行っているほか、eスポーツサービスの「RANKERS」をリリースしている。
【3664】モブキャスト プロゲーマー3名とeスポーツのプロ契約を結び、マネジメイトを行っている。時価総額の低さと値動きの軽さから、買いを集める材料となりやすい。
【9697】カプコン 国内eスポーツ事業への本格参入が決定し「カプコンeスポーツクラブ」を新設。同社が持つゲームタイトルは海外からも非常に人気があるため注目度は高い。

 

 

4.おすすめのeスポーツ関連銘柄

 

eスポーツに関する企業で、これから注目すべき銘柄をピックアップします。

 

4-1.【4751】サイバーエージェント

チャート画像

市場 東証一部
業種 サービス業
単位 100株
比較される銘柄 ディー・エヌ・エー、ミクシィ、グリー
注目ポイント 国内最高額の100万ドルを賞金に用意

ネット広告とゲームの2事業が本柱で、投資事業も行っている同社。

 

同社製作スマホゲームアプリ「Shadowverse」はeスポーツ競技の一つであり、2018年12月には世界大会「World Grand Prix 2018(仮)」が日本で開催されます。

 

用意された優勝賞金は100万ドルと、国内最高額。

 

ネットTVの「AbemaTV」も好調で、子会社であるCygamesは任天堂とスマホ向けゲームアプリ事業で業務提携による成長を期待した買いに期待できます。

 

4-2.【3659】ネクソン

チャート画像

市場 東証一部
業種 情報・通信業
単位 100株
比較される銘柄 ディー・エヌ・エー、コナミホールディングス、スクエニHD
注目ポイント 韓国最大規模のeスポーツ専門施設を持つ

PC向けのオンラインゲームをアジア圏に配信している、韓国発祥事業。

 

ここ最近は日本でeスポーツ関連の施設が急増しておりますが、同社は日本以上にeスポーツ事業に注力している韓国で最大級のeスポーツ施設を持っています。

 

eスポーツに関するノウハウは業界随一と言えるため、eスポーツの話題性が増せば増すほど投資家に注目され易い銘柄です。

 

4-3.【6177】AppBank

チャート画像

市場 東証マザーズ
業種 サービス業
単位 100株
比較される銘柄 ディー・エヌ・エー、イード、グリー
注目ポイント 仮想通貨やeスポーツに関する新規事業を立ち上げた

iPhoneやiPadといったApple社製のスマートフォンに関する情報を主軸に、スマートフォン向けのアプリ情報を記事や動画で配信を行っている同社。

 

新規事業としてゲームやエンターテイメント向けの仮想通貨プラットフォームを立ち上げました。

 

今年の7月には同社よりリリースされたゲームで賞金制eスポーツ大会を開催。

 

賞金として1,000万円の仮想通貨を配布すると発表しており、話題性も十分にあります。

 

4-4.【6050】イー・ガーディアン

チャート画像

市場 東証一部
業種 サービス業
単位 100株
比較される銘柄 グリー、サイバーエージェント、ガイアックス
注目ポイント ゲームサポート事業の増収増益に加え、社員で結成したeスポーツグループを持つ

SNSなどの投稿監視や運用支援が主力で、ゲームの不具合などを見付ける事業も手掛けています。

 

同社のゲーム関係の業務を行っている社員でeスポーツチームを創設しており、2018年4月にはゲームに特化した専門施設「大阪GAMELABO」を開設。

 

大会参加費や渡航費用などの支援のほかに資格制度や評価制度の新設を行い、eスポーツ選手の育成にも取り組んでいます。

 

事業収益が好調なのも好感度が高く、株価は底堅い推移をしております。

 

5.まとめ

 

日本のeスポーツ事業は急激な速さで市場規模を拡大してはいるものの、世界で人気のeスポーツ競技が日本ではまだ浸透していない状態。

 

未だ発展途上である事は明白ですが『法律により大会で高額賞金を出せない』という大きな問題は既に解決に向かい、オリンピック化への現実味が増してきました。

 

現在は日本eスポーツ連合をはじめ、多くの企業がeスポーツへの事業展開を行っているため、今抱えている問題も徐々に解決へと向かうでしょう。

 

これから更に急展開を迎えることも考えられるため、eスポーツ関連銘柄へのチェックは怠らないようにしましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中
SNSにてすぐに情報を受け取れます
Twitterもやっております



この記事が気に入りましたら是非フォローしてください!

厳選おすすめ記事5選