無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、ヘッジファンドバンキング社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です。

招致イベント豊富でチャンス!ホテル関連銘柄は今後の期待が大きい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

観光庁の調査によると、毎年日本で宿泊する人数は、外国人を含めて延べ5億人泊いるそうです。

 

近年外国人観光客が増加していますが、今後2020年の東京オリンピックを契機として、日本の価値が再認識され更に増加する可能性があります。

 

それに伴い、観光客が利用するホテルなどの宿泊施設にとっては、大きなビジネスチャンスが到来します。

 

今回はホテル関連銘柄と、これまで上昇してきた理由を分かりやすく取り上げていきます。

 

 

1.ホテル関連銘柄に期待

 

「ホテル」関連銘柄とは、訪日観光客増加などを背景に業績を拡大させているホテル運営企業のことを言います。

 

1-1.「ホテル」関連銘柄とは?

円安や日本政府の取り組みによって外国人観光客が年々増加しています。

2011年時点での訪日観光客数は年間620万人程度だったのに対し、2016年には2,400万人へと急速に拡大しています。

 

観光庁の直近調査結果によれば、訪日観光客の平均宿泊数は8泊程。

 

日本人の国内観光と比べると長期間になりますので、恩恵はより大きいと言えるでしょう。

 

実際、ホテルなどの宿泊施設の客室稼働率は過去5年間で上昇基調です。

客室稼働率とは、全客室の内実際に顧客に利用されている客室の割合のことを指しています。

 

つまり、客室稼働率が高ければ高いほど空室が少なく人気が高いホテルということです。

 

ホテル側からすると、空室は1円も収入が入らない一方、

清掃などのメンテナンスコストが発生するため、可能な限り減らしたいところ。

 

訪日観光客の増加によって客室稼働率が上昇したことによって、ホテル関連銘柄の業績は改善方向に向かっています。

 

こうした業績トレンドに株式市場の注目が集まっており、ここではこうした企業をホテル関連銘柄としてご紹介していきたいと思います。

 

1-2.なぜ「ホテル」関連銘柄は株価が上昇するのか?

「ホテル」関連銘柄が株式市場で注目されている理由はシンプルです。

利用者増加による客室稼働率改善です。

 

2010年以降の日本人国内旅行消費額は、毎年20兆円前後で安定して推移してきました。

一方で、中長期的に見れば国内の人口は減少に向かっていくことが想定されています。

 

日本人旅行客だけに依存したビジネスモデルでは、将来厳しい事業環境を迎えることは必至です。

 

そうした中で、訪日観光客の増加はホテル業界にとって明るい話題と言えるでしょう。

 

客室稼働率は、ホテル業界にとっては業績向上の重要な指標です。

空室が減ることによる収入増加効果もありますが、需給関係が好転することによって客室単価を引き上げられる、という副次的な効果も挙げられます。

 

招致イベントが多いのもポイント

今後に目を向けると、2020年の東京オリンピックが控えています。

さらに今後はカジノや大阪万博など外国人観光客を誘致するイベントも期待です。

 

こうしたイベントを契機として、日本の価値が再認識され観光客が増加するかも知れません。

 

ホテル業界にとっては客室稼働率上昇という形で恩恵が現状以上に拡大する可能性もあります。

 

これら期待から、ホテル関連銘柄の株価が上昇するのです。

 

【ここだけチェック!】
  • 「ホテル」関連銘柄とは、訪日需要などを背景に業績を拡大させているホテル運営企業のことを指す
  • 客室稼働率上昇が業績拡大をもたらし、株価上昇をもたらす

 

2.ホテル関連銘柄の推移

過去に上昇した関連銘柄と、その上昇理由を見ていきましょう。

 

2-1.訪日観光客増加による成長期待

まずご紹介したいのが、【9722】藤田観光です。

訪日観光客の増加が本格的に話題になり始めた2015年において、同社の株価は1年間で株価は70%超上昇しました。

 

先程ご紹介した、訪日観光客の増加による客室稼働率上昇が株価上昇のきっかけです。

同社はビジネスホテルの「ワシントンホテル」を展開しています。

 

その他別ブランドでのホテル展開や婚礼施設などを手掛けており、全国で80を超える拠点数を誇っています。

 

ビジネスホテルは、2013年から2017年に掛けて客室稼働率が69.5%から75.3%へと約6ptも改善している業界です。

 

同社もこの恩恵を享受し、直近5年間の営業利益率は変動があるものの改善傾向にあります。

 

こうした状況を踏まえ、大型改装やホテル新設などを積極的に実施しているため短期的に業績が減少する時期もありましたが、今後の投資回収期入りが楽しみな銘柄でしょう。

 

こうした業績推移や今後への期待感から、株価が大きく上昇したと推測されます。

 

2-2.顧客基盤拡大への期待から株価上昇

9708】帝国ホテルも過去大きく上昇した銘柄です。

 

同社の株価は円安が進行し外国人観光客の増加が期待された2013年において90%以上、株価が上昇しています。

 

理由は藤田観光同様、訪日観光客の増加による恩恵期待でしょう。

同社は東京、大阪などでホテルを展開していますが、中でも有名なのは東京日比谷にあるホテルでしょう。

 

土地柄の影響もあり、同社の宿泊利用客の内5割が外国人です。

そのため、外国人観光客の増減は同社の客室稼働率に大きな影響を与えます。

 

為替レートが円安に振れると、日本国内での消費が割安になりますので、日本国内への観光需要が高まります。

 

株式市場では、同社の業績改善を早い段階で織り込むことで、大幅な株価上昇につながったと考えられます。

 

 

【ここだけチェック!】
  • 客室稼働率の改善が業績向上をもたらす
  • 今後も訪日観光客の増加による恩恵が大きい銘柄は注目されやすい

 

3.「ホテル」関連銘柄

銘柄 備考
【3010】価値開発 都市型ビジネスホテル「ベストウェスタン」、中期滞在型ホテル「バリュー・ザ・ホテル」などの運営や不動産が主力。
【9722】藤田観光 ビジネスホテル「ワシントンホテル」運営、婚礼・宴会需要も強い高級ホテル「椿山荘」「太閤園」など幅広い客層向けに有名ホテルを抱える。
【6547】グリーンズ 「コンフォートホテル」ブランド中心に宿泊主体型のエコノミーホテルを全国展開。
【9720】ホテル・ニューグランド 横浜の老舗ホテル「ホテルニューグランド」の運営が主軸。横浜の百貨店2店舗でレストラン運営も手掛ける。
【9723】京都ホテル 名門京都ホテルオークラ、からすま京都ホテルの運営。業務提携を結ぶホテルオークラが筆頭株主。外国人観光客の集客に注力。
【9656】グリーンランドリゾート 九州圏でも有数の遊園地や、周辺に展開するゴルフ場、ホテル、ショッピングモールなどで構成されるグリーンランドリゾートを運営。
【3772】ウェルス・マネジメント 不動産投資アドバイザリー・アセットマネジメントサービスなどを展開。
【9681】東京ドーム 「東京ドーム」を含む「東京ドームシティ」でのイベント運営、遊園地、温泉施設、ホテル経営などが事業の中核。
【9713】ロイヤルホテル 関西を地盤にリーガロイヤルホテルを全国主要都市で運営。アサヒビールや森トラストが主要株主。
【9708】帝国ホテル 宿泊利用客のうち5割が外国人。三井不動産と提携して不動産賃貸事業も行おり、ホテル業とともに業績は堅調。事業拡大をしない方針をとる。

 

 

【ここだけチェック!】
  • 訪日観光客の増加による恩恵が大きい銘柄に注目
  • 将来に向けた投資積極化に伴う一時的な利益減少には注意が必要

 

4.おすすめホテル関連銘柄

これから注目すべきホテル関連銘柄についてご紹介します。

 

4-1.【9695】鴨川グランドホテル

チャート画像

 

市場 ジャスダック
業種 サービス業
単位 100株
比較される銘柄 ロイヤルホテル、帝国ホテル、京都ホテル
注目ポイント 南房総の鴨川グランドホテルなど4か所でホテルを展開。リゾート関連事業も手掛けており、インターネット販売でも堅調で、今後の期待ができます。

 

4-2.【9024】西武HD

チャート画像

市場 東証一部
業種 陸運業
単位 100株
比較される銘柄 JR東日本、東武、京阪HD
注目ポイント 既存のプリンスホテルに加え、品川再開発関連で東京オリンピック以降恩恵享受する可能性。

西武鉄道やプリンスホテル、西武建設、西武ライオンズなどを傘下に持つ持株会社。経営再建を経て2014年に再上場しています。

 

 

【ここだけチェック!】
  • 訪日観光客の観光エリア拡大に注目
  • 品川などの再開発エリアに拠点があるなど、観光客増加の可能性に注目

 

5.まとめ

 

これからも増加が期待される外国人観光客。

東京オリンピックだけでなく、今後解禁されるカジノや開催可能性のある大阪万博など、観光客増加のイベントはまだまだ存在します。

 

訪日観光客増加を理由とするホテル関連銘柄の株価上昇は現在一服感があるものの、今後こうしたイベントがあることは、やはりポジティブな要素と言えるでしょう。

 

中長期的に見れば、株価動向が落ち着いている今こそが、株式投資の「仕込みの好機」かも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中
SNSにてすぐに情報を受け取れます
Twitterもやっております



この記事が気に入りましたら是非フォローしてください!

厳選おすすめ記事5選