無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です

水素(水素ステーション)関連銘柄!経産省が新ロードマップ策定で今後の注目株へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

大陽日酸は+30%!山王は+98%!

 

次世代エコカー競争は、中国やEUがEVシフトを強めたこともあり、燃料電池車(FCV)はやや苦しい状況になっています。

 

FCVの普及には、水素を供給する水素ステーションのインフラ整備がカギとなりますが、コストが高いことなど問題が山積みです。

 

そんな中、経済産業省は「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を発表し、2030年までに水素ステーションを全国に900ヶ所作る目標を掲げました。

水素社会到来のカギを握る、水素(水素ステーション)関連銘柄に注目していきましょう!

 

 

1.水素(水素ステーション)とは?

 

燃料電池車(FCV)普及のカギを握る水素ステーションが大きな注目を集めています。

1-1.水素ステーションとは?

次世代エコカーとしてEV(電気自動車)とともに注目されているのが、水素と酸素の化学反応によって電力を生み出して走行する燃料電池車(FCV)です。

 

EVは蓄電池に電力を充電して走行しますが、FCVは燃料電池に水素を補給して発電することによって走行します。

 

FCVのメリットとデメリット

メリット

 

EVに比べたFCVのメリットは、走行時に排出するのは水だけで二酸化炭素を排出せず、EVのように長時間の充電を必要としない点が挙げられます。

 

デメリット

一方FCV普及の大きなデメリットとなっているのが、水素を補給するための水素ステーションの圧倒的な不足です。

 

水素ステーションの種類は3つ

  •  水素ステーションには、その場で水素を製造できるオンサイト型
  •  ガソリンスタンドのように外部から水素ガスを持ってくるオフサイト型
  •  複数の場所に移動可能な移動式タイプ

 

近くに水素を製造する工場があるならコスト面でオフサイト型が有利となり、工場がないならオンサイト型の方が有利になると考えられます。

 

ただし、いずれの方式も、水素ステーションの製造コストはまだ高く、現在のガソリンスタンドのように水素ステーションが普及するかどうかは未知数であるというのが現状です。

 

1-2.脱炭素の動きが活発化

2020年秋から幕を開けた脱炭素に向けた水素活用の動きが、少しずつ具体的になってきています。

 

日本政府は、2020年12月25日に発表した「グリーン成長戦略」の中で、水素発電コストを火力以下に低減し、2030年に最大300万トン、2050年に2,000万トン程度を目指すことを発表。

 

事前報道にあった、2030年までに水素利用量を国内電力の1割に相当する1,000万トン規模にするというインパクトのある目標からはさすがに下方修正された形となりました。

 

政府の水素目標は事前報道よりは下方修正されたものの、水素ステーション関連銘柄の勢いは止まらず、2020年12月には関連銘柄がほぼ全面高となり、2021年に入ってからも上昇が続いています。

 

政府の後押しを受けて、トヨタが水素ステーションのインフラ投資を本格化するのではないかという憶測もあり、投資家の間では2021年が「水素元年」になるとの期待が大きくなりつつあります。

 

水素ステーション関連銘柄は「政策に売りなし」という相場格言を体現する国策テーマ株としての様相を強めてきていると言えるでしょう。

 

【ここだけチェック!】
  • 水素ステーションは、燃料電池車(FCV)普及の鍵となる社会インフラ。
  • 世界的にEVシフトが進む中でFCVは逆境に立たされている。
  • 経済産業省が「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を発表し、2030年までに水素ステーションを900ヶ所まで拡大する目標を掲げた。

 

2.水素関連銘柄が上昇する理由は?

 

水素関連銘柄として大きく上昇した銘柄を見ていきましょう。

2-1.2021年に最も上げている水素株!【6391】加地テック

LNGなどのプラント用特殊ガスコンプレッサ大手の【6391】加地テックは、燃料電池用高圧水素ガスコンプレッサを手掛けており、水素関連銘柄として大きく買われています。

 

同社の株価は、2020年1月初めには2,658円を付けており、コロナショックの影響で4月6日には1,520円まで下落。

その後は反発したものの、コロナ前の株価を超えられない展開が続きました。

 

世界的な環境政策重視の流れが吹き荒れた2020年10月にはコロナ前の株価を回復、11月終値は3,125円を付けていました。

 

そして、政府の水素重視方針を受けて水素ステーション関連銘柄が全面高となった2020年12月から2021年1月に掛けて急騰。

2021年1月13日には9,400円まで上昇しました。

特に、2021年1月4日から1月13日の間にはストップ高連発となり、2021年の大発会直後に最も大きく上昇した銘柄に。

 

2020年12月から1ヶ月半で約3倍の上昇となり、コロナショックからの最大上昇率は6.18倍(+518%)です。

 

2-2.2020年12月から大反発!【5922】那須電機鉄工

電力・通信用鉄塔大手の【5922】那須電機鉄工は、空温式水素吸蔵合金システム(MH-QUONクーオン)を手掛けていることから、水素ステーション関連銘柄に位置付けられる銘柄です。

 

同社は、新型コロナ相場では負け組の銘柄でしたが、2020年12月から2021年1月に掛けて大反発となっています。

 

同社の株価は、2020年1月初めには15,890円を付けており、コロナショック後も反発することなくズルズルと下げていき、8月28日には5,650円まで下落。

 

その後もほとんど反発せず、11月終値は6,100円を付けていました。

しかし水素相場となった2020年12月に急騰し、2021年1月20日には19,680円まで戻して、一時コロナ前の株価を取り戻しました。

水素相場が到来した約1ヶ月半で3.22倍の大反発となっています。

 

【ここだけチェック!】
  • 水素関連銘柄は、ニュースで一時的には上げるも長期的な株高は続かない傾向
  • 注目テーマには変わりないため、今後の技術革新に期待

 

3.水素関連銘柄リスト

 

銘柄 備考
【3441】山王 水素透過膜
【4091】大陽日 パッケージ型水素ステーション
【5019】出光興産 水素ステーション
【5020】JXTGホールディングス 水素ステーション
【6366】千代田化工建設:水素の貯蔵 水素の貯蔵・輸送システム
【7203】トヨタ自動車 燃料電池車「MIRAI」、水素ステーション
【7267】ホンダ 燃料電池車「クラリティ」、水素ステーション
【8088】岩谷産業 水素ステーション、産業用液化水素
【9533】東邦ガス 豊田市に水素ステーション建設

 

4.オススメの水素関連銘柄3選!

 

注目の水素関連銘柄を3銘柄見ていきましょう。

 

4-1.【7203】トヨタ自動車

チャート画像

市場 東証一部
企業概要 世界的自動車メーカー、燃料電池車の技術力は世界一

トヨタ自動車は、燃料電池車や水素ステーションの動向を握っている企業であり、水素関連銘柄として必ず抑えておく必要があります。

企業規模からすると、燃料電池関連のニュースでトヨタの株価自体が大きく動くことはないと考えられます。

 

が、トヨタ発のニュースでその他の水素関連銘柄が暴騰する可能性が大いにあり得ます。

水素関連銘柄を抑えておく際には、トヨタの動向は必ずチェックしておきましょう。

4-2.【3441】山王

チャート画像

市場 東証ジャスダック
企業概要 貴金属表面処理加工に定評がある金属メーカー

山王は水素ステーションにも欠かせない水素透過膜の特許を取得しており、水素関連銘柄として投資家に最も注目されている銘柄です。

水素透過膜に関する技術開発のニュースは、今後も目が離せません。

4-2.【8088】岩谷産業

チャート画像

市場 東証一部
企業概要 LPGで国内首位のガス商社。合成樹脂や液体水素も手掛ける

岩谷産業は、国内で多くの水素ステーションの実績がある他、日本で初めて産業用液化水素事業を始めた水素のリーディングカンパニーです。

また、アメリカでも水素ステーション事業を開始しています。

 

2013年のアベノミクス相場で水素関連銘柄として大きく買われて以降は安定した値動きをしており、長期投資におすすめの水素関連銘柄です。

 

 

5.まとめ

 

世界的なEVシフトが進む中で、燃料電池車(FCV)はやや苦境に立たされていますが、

マーケットでは、燃料電池車(FCV)や水素関連銘柄は注目されるテーマにはなっています。

 

ただ、水素関連銘柄はニュースを受けて短期的に上がることはありますが、EVのように中長期的に買われる強いテーマ株にはなっていないというのが現状です。

 

水素関連銘柄が中長期的に断続的に買われる強いテーマ株となるには、技術革新が必要だと思われます。

技術革新によって燃料電池や水素ステーションの製造コストが大きく下がることが期待されます。

 

水素関連技術や水素ステーションに関するニュースにはアンテナを張っておき、水素関連銘柄の動向には注目しておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中