ファンダメンタルズ分析

PBRの目安は1倍で割安株!低すぎると倒産の危険も?解説します

PBRは企業の割安性を見る指標です。

 

株価がその企業価値に対して割安かを判断できる目安になるため、値下がりリスクを極力回避することもできます。

ただし、基準となる数値は1倍ですが1倍なら全て割安か、安全なのかというと、実はそうではありません

 

今回は、ファンダメンタルズ分析の基本とも言えるPBRの知識を取り入れ、リスクを回避しながら割安な銘柄に投資する賢い方法をご紹介していきます。

ファンダメンタルズ分析の基本!PBRを知ろう

企業の本質的な価値を見出す際に用いられるPBRについて説明していきます。

基準は1倍!PBRで企業価値を判断する

PBRとは、会社の純資産と株価の関係を表すもので、本来あるべき価値に対する現在の株価を比較することで割安度が判断できます。

 

株で利益を上げるにはまず「安く買うこと」が基本であり、割安でない限り株価の上昇は期待できません。

 

その点においてPBRは、現在の株価が本来の価値より高いか安いかの目安となりますので、多くの上場企業から割安な銘柄を絞り込むことができます。

また、株価下落時には底値を見極める場合にも使われるのです。

 

PBRは以下の計算式で求めることができます。

PBRの計算式

・PBR(株価純資産倍率) = 株価 ÷ BPS(1株あたりの純資産)

 

BPS(1株あたりの純資産)を求めるにはこちらの計算式を使います。

BPSの計算式

・BPS(1株あたりの純資産) = 純資産 ÷ 発行済株式総数

 

ここで言う純資産とは、企業の土地などを含めた資産から負債(借金等)と引いたもので、会社四季報や企業のWEBサイトからIR情報を確認できます。

 

この2つの計算式から、PBRの求め方を具体例交えて見ていきましょう。

対象企業の発行済株式総数が5万枚、資産が10億円、負債が5億円だと、純資産は5億円となります。

5億円(純資産) ÷ 5万枚(発行済株式総数) = 10,000円(1株あたりの純資産)

 

BPS(1株あたりの純資産)となる10,000円が求められました。

次に、この数値と現在の株価(5,000円とした場合)をPBRの計算式にあてはめます。

 

5,000円(株価) ÷ 10,000円(1株あたりの純資産) = 0.5(株価純資産倍率)

 

このとき、本来の価値が10,000円あるのに対し、現在5,000円と評価されていると考えることができます。

求められたPBR(株価純資産倍率)0.5は非常に割安な状態ということです。

PBR(株価純資産倍率)とPER(株価収益率)の違い

PBRの数値が低いほど割安であるということは、1倍に近づくほど底値に近いと考えられます。

一方、PERは対象企業の収益に注目した指標で、ライバル企業との比較で割安かどうかを判断することができます。

 

1株あたりの利益に対して株価が何倍まで買われているかを表したPERは、以下の計算式で求めることができます。

PERの計算式

・PER(株価収益率) = 時価総額 ÷ 純利益

 

一般的に、『成長性の高い株式はPERが低くなり、平均的な基準値はPER15倍』と言われています。

 

PBRは純資産を、PERは純利益をもとに割高か割安かを判断することができる、ファンダメンタルズ分析の代表的な指標です。

視点の違うこの2つの指標を併用することで、投資尺度の信頼性がより高まるということもぜひ覚えておきましょう。

 

▼おすすめ記事
【PERの目安は常に変化する。割安性を見抜く為に必要な知識】

カンタン!各銘柄のPBRがすぐ確認できるサイト

以下3つの株サイトでは、銘柄の証券コードを入力するだけで簡単にPBRを出すことができます。

 

実際にこれらのサイトでスクリーニングにかけてみると、PBR1倍割れの銘柄は少なくありません。

PBR1倍割れの中には、赤字続きで利益のめどがたっていなかったり、不良債権を多く抱えていたりと、何かしらの理由が存在する銘柄もあります。

 

そのような背景を自身の感覚で掴めるようになりますので、相場観を身に付けるためにも、初めのうちはPBRの計算式を用いて企業分析してみることをおすすめします。

 

【ここだけチェック!】
  • PBRは対象銘柄の底値を判断する場合などに用いられる
  • PERは対象銘柄の成長性を判断する場合などに用いられる

 

PBRを目安に投資判断を行う際の注意点

PBR1倍を基準に投資判断が行われることが多いのですが、買いの判断をする際には注意すべき点があります。

低い程良い?PBRが1倍割れると買いなのか

ここまでPBRについては、1倍割れであるほど買い時の判断に有効であるとお伝えしてきました。

 

PBR1倍以下で買えば、いずれ本来の価値(PBR1倍)に戻ったときに差分の利益が出るだろうという考え方です。

しかし、実際の企業価値はもっと低いと判断されることもあるのです。

 

例えば、成長性が無かったり、株主資本が減ると想定される場合などは、いくらPBRが低いからと言っても、株価は更に下落してしまうケースも。

 

反対の極端な例として、株式市場全体が暴落した場面などでは、健全な経営をしている企業でも株を売られるとPBRも低くなります。

このような場合、本来の企業価値を無視して明らかに株価は割安と判断することができますので『買い時』と言えるでしょう。

 

つまり、市場全体は堅調であったり好景気時などにPBRが1倍割れているということは、なにかしら問題を抱えていると考えることができます。

 

そして、PBRが1倍割れというだけでは必ずしも買いの材料となるわけでは無いのです。

ボロ株を掴んでしまわないよう、なぜ割安なのかという違う視点からも判断できるように次の知識も身に付けておきましょう。

倒産の危険も!なぜ割安かの理由まで探ろう

PBRの数値が極端に低いと、倒産の危険性を疑う必要があります。

なので赤字企業に関してはPBRが1倍を割れていても購入は注意すべきで、特に長期投資の場合は避けたほうがよいです。

 

赤字が続くと現在の資産からその穴埋めが行われ、結果的にPBR値が悪くなることが想定でき、損失が出てしまうこともありえます。

それを避けるためにも、PBR1つの指標だけを目安にするのではなく、先ほど挙げたPERを組み合わせることで投資判断の信頼度を高めなければなりません。

 

  • PBRは1.0倍以下
  • PERは15倍以下

 

この数値を基準に、割安で将来性の高い銘柄を導き出すことで株価上昇の期待が高まります。

 

仮に会社が解散する場合、総資産から負債や給与などの費用を全て差し引いて残ったお金が株主のものとなります。

つまり、PBR1倍以下の企業が解散した場合には、投資したお金より多い金額が戻ってくる計算ですが、これは株式投資の世界では十分ありえることです。

 

このとき解散価値が意識されることで、それが株価の下支え要因となったり、企業側が買収防衛のために自社株買いや配当金アップなど株価を上げる対策を行うこともあります。

 

▼おすすめ記事
【自社株買い発表の効果は?株価上昇の理由を知りタイミングを掴もう】

PBRから見る正しい投資判断の目安

例えば、貯金100万円、借金無しの企業の時価総額が50万円だと、どう考えても買ったほうがお得です。

そのようにシンプルな見方ができる指標として今回PBRをご紹介しましたが、実際にはそれほど好条件の銘柄を見つけることは難しいでしょう。

 

では、PBRの信頼度が上がる場面として、自然災害時や一時的な不況時など『企業の業績と関係なく売られてしまった場面』ではとくに有効だと言えます。

その際、基準値の1.0倍を下回るほど割安であると判断でき、短期的な値幅取りに向いています。

 

理論上、PBRは1倍以下であるほど割安で下落リスクが小さいため、買いの判断をするには有効な指標の1つです。

ただし、株式投資で生き抜くには長期に渡って安定的な利益を出していかなければなりませんので、PBRだけの知識で割安の判断を下すには乏しい場面が出てきます。

 

そこで、PBR以外のファンダメンタルズ分析も併せて使うことをおすすめします。

 

▼おすすめ記事
【ファンダメンタルズ分析とは?具体的銘柄選定フローと必要知識の解説】

【ここだけチェック!】
  • PBRが低くても成長性が無いと買いの判断には乏しいので短期投資向き
  • PBRだけで判断せずPERを組み合わせて信頼度を高めること

 

まとめ

株価というのは、必ずしも本来あるべき価格で存在しているわけではないからこそ、割高、割安という矛盾が生じています。

 

そのため、株価の割安度を判断する1つの目安にPBRが用いられ、基準値となる1倍までの差額を儲けようとすることができます。

 

投資判断の精度をより高めるためにも、ファンダメンタルズ分析の基本となるPBRの知識を身に付けておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
SNSにてすぐに
情報を受け取れます