無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です

テレワーク関連銘柄がコロナウィルスで躍進!?働き方改革でワークスタイルに変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本人は多くの残業をこなすことが美学とされてきました。

 

その結果、諸外国に比べ休暇が少ないことに加え、生産性が低いことが指摘されてきました。

 

そうした中で、安倍政権のもと進められているのが「働き方改革」です。

 

長時間残業の是正や多様な働き方の定着に向けて、様々な施策が講じられています。

 

その代表的なものが「テレワーク」です。

 

場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を指し、一部企業で導入が始まっています。

またコロナウィルスの蔓延で、政府も重い腰を上げテレワークの推奨に乗り出すようになった点にも注目です。

 

今回はテレワークの推進を背景に恩恵を享受する企業を、「テレワーク」関連銘柄として、株価動向やその背景について分かり易くご紹介したいと思います。

 

関連する企業を取り上げ、株価動向やその背景について分かり易くご紹介したいと思います。

 

 

1.「テレワーク」関連銘柄に期待

「テレワーク」関連銘柄とは、テレワークの推進によって恩恵を享受する企業を指します。

 

1-1.「テレワーク」関連銘柄とは?

「テレワーク」関連銘柄は、大きく2つに分けることが出来ます。

 

1つはテレワーク導入を検討している企業向けにサービスを提供している企業群です。

 

一般社団法人日本テレワーク協会によれば、テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことを指します。

 

つまり、テレワークを実現するためには、いつでもどこでも働ける環境が整備されている必要があります。

 

社外から社内ネットワークにアクセスし、ファイルの保存や更新を行えるようなシステムを提供する企業は「テレワーク」関連銘柄と言えるでしょう。

 

また、テレワーク関連銘柄のもう1つのグループが、テレワークを導入した企業群です。

 

テレワークの効果は、オフィスコスト削減や生産性向上、優秀な社員の確保などが挙げられます。

 

テレワークを先んじて導入している企業は、こうしたメリットを享受する可能性があり、競争力の高さを保持することが出来ると言っても良いかもしれません。

 

以上の2つにグループに属する企業群については、株式市場から「テレワーク」関連銘柄として高い注目を集めているのです。

 

1-2.なぜ「テレワーク」関連銘柄は株価が上昇するのか?

「テレワーク」関連銘柄が株式市場で注目されている理由は、働き方改革を背景とする中長期的な市場拡大です。

 

総務省のHP内にある「平成30年版 情報通信白書」にはテレワークの導入状況が記載されています。

 

これによると、企業のテレワーク導入率は2017年で13.9%となっています。

 

5年前の2012年が11.5%ですから徐々に浸透してきていることが分かります。

 

また、現在安倍政権では働き方改革を推進しています。

 

2016年10月の「働き方改革実現会議」では、安倍首相自身がテレワークを認めている企業が未だ少ないとして、経済産業省を中心として普及を図っていくことが極めて重要と発言しています。

 

例えば経済産業省は、2020年に向けたテレワーク国民運動プロジェクトを行っています。

 

今後こうした政府の後押しによって、テレワークを導入する企業が増えていくことが予想されます。

 

株式市場では、そうした市場の拡大性に期待感が高まっていると言えるでしょう。

 

1-3.コロナウィルスでテレワークの普及が進む

新型コロナウィルスの広がりにより、社会にテレワークが急速に普及していく流れができつつあります。

 

中国・武漢市で新型コロナウィルスの広がりが懸念された2020年1月には、大手IT企業のGMOインターネットグループが2週間をメドに在宅勤務とすることを発表したことが大きな話題となりました。

 

このときは、テレワークによる在宅勤務は一部のIT企業に限定される試みになるものと思われていました。

 

しかし、2020年2月から3月に掛けて政府からのイベント自粛要請や一斉休校などを受けて、テレワークによる在宅勤務の流れがIT企業以外にも急速に広がっています。

 

また、政府は3月10日に発表した第2弾の緊急対応策の中で、新たにテレワークを導入した中小企業に最大100万円の助成金を補助することも発表しました。

 

テレワークは、政府が働き方改革でいくら要請しても日本ではあまり進んできませんでした。しかし新型コロナウィルスをきっかけに否応にも働き方改革が進むことになりそうです。

 

【ここだけチェック!】
  • 「テレワーク」関連銘柄とは、テレワークの推進によって恩恵を享受する企業を指す
  • 株式市場では政府の「働き方改革」推進に伴って市場拡大への期待が集まっている

 

2.「テレワーク」関連銘柄の推移

新型コロナウィルスが広まり始めた2020年1月から3月に掛けて上昇しているテレワーク関連銘柄を見ていきましょう。

 

2-1.遠隔操作ソフトを手掛ける!【3681】ブイキューブ

ネット会議や遠隔治療、セミナー配信といった遠隔操作ソフトの開発に強みを持つ【3681】ブイキューブは、テレワーク関連銘柄としても注目が集まります。

 

同社の株価は、2020年1月初めには654円を付けていました。

1月は横ばいとなり、2月初めには下落して一時は495円まで値を落としました。

 

しかし、新型コロナウィルスによる自粛要請や一斉休校などで注目を集めて買われていき、2月26日には1,049円まで上昇。

安値を付けてから2週間で2倍以上の急騰となりました。

同社は、テレワークだけでなく、コロナウィルスによって広がることが期待される「遠隔治療」や「オンライン教育」も手掛けていることが急騰に繋がったものと見られます。

 

なお、同社と同じく東証一部を代表するテレワーク関連銘柄である【4776】サイボウズも、年初から最大+60%以上の上昇率となっています。

 

2-2.クラウドソーシングサービスを手掛ける!【3691】リアルワールド

テレワーク関連銘柄は2020年2月中旬から2月終わりに掛けて特に大きく買われましたが、この期間に最も強く上昇したのが【3691】リアルワールドです。

 

同社はクラウドソーシングサービス「CROWD」を手掛けていることから、テレワーク関連銘柄としても注目されます。

 

同社の株価は、2020年1月初めには603円を付けていました。

1月は横ばいが続いていましたが、2月初めからわずかに上昇していき、2月中旬に急騰。

2月27日には1,491円まで暴騰しました。

年初からの最大上昇率は2.47倍(+147%)となっています。

 

しかし高値を付けてからは暴騰の反動で暴落しており、3月10日終値時点では570円と年初からの上昇率はマイナスに転じています。

 

【ここだけチェック!】
  • 業績予想の上方修正をきっかけに注目される場合がある
  • 既存事業が好調であり、更にテレワーク向け事業の成長が期待出来る銘柄は注目される可能性がある

 

3.「テレワーク」関連銘柄

銘柄 備考
【3040】ソリトンシステムズ 認証を中心とするITセキュリティ関連製品の開発を行う。テレワーク用途の関連製品及びサービスを提供。
【4397】チームスピリット 勤怠管理や工数管理などのクラウドサービスを手掛ける。働き方改革の実現のために社員の行動を見える化するサービスを提供。
【9143】SGホールディングス 国内宅配便事業者でトップクラス。企業向け物流サービスも手掛ける。テレワークの導入に積極的なスタンス。
【1973】NECネッツエスアイ クラウドサービスから通信工事まで幅広く手掛ける。働き方改革向けのソリューションも提供している。
【3681】ブイキューブ Web会議やテレビ会議向けの製品・ソリューションを提供している。テレワーク導入によって同社の製品需要が拡大する可能性がある。
【3900】クラウドワークス 国内最大級のクラウドソーシング事業者。テレワークが浸透すると共に働き方の多様化に伴い恩恵を享受する可能性がある。
【1717】明豊ファシリティワークス 建設コンサルティング企業であり、公共施設や工場など様々な分野で実績を有する。テレワーク。テレワークによる働き方を推進。
【9613】エヌ・ティ・ティ・データ NTTグループのシステムインテグレータ業者。総務省・厚生労働省などと連携しテレワークに取り組んだ事例あり。
【2168】パソナグループ 人材仲介や人材派遣などを手掛ける大手。東京都「平成30年度テレワーク等普及推進事業」を受託している。
【4
776】サイボウズ
「kintone」や「サイボウズoffice10」などの企業向けシステムを提供。テレワーク・在宅勤務向けシステムを提供。

 

4.おすすめ「テレワーク」関連銘柄

最後に、注目すべき「テレワーク」関連銘柄を紹介します。

 

4-1.【4776】サイボウズ

チャート画像

市場 東証一部
企業概要 グループウェアソフトの開発を手掛ける。クラウド向けが強み。

サイボウズは、テレワークに欠かせないグループウェアソフトの開発を手掛けており、東証一部を代表するテレワーク関連銘柄です。

今後もテレワークの広がりとともに株価が上昇することが期待される、長期投資におすすめの成長株です。

 

4-2.【3681】ブイキューブ

チャート画像

市場 東証一部
企業概要 ネット会議や遠隔治療といった遠隔操作ソフトの開発を手掛ける。

ブイキューブは、テレワークだけでなく遠隔治療やオンライン教育など遠隔操作ソフト全般を手掛けているIT企業です。

「テレワーク」「遠隔医療」「オンライン教育」はいずれも成長テーマであり、長期投資におすすめの銘柄です。

 

4-3.【4484】ランサーズ

チャート画像

市場 東証マザーズ
企業概要 クラウドソーシングサービス大手「ランサーズ」を運営する。

ランサーズは、クラウドソーシングサービス大手「ランサーズ」を運営していることで知られます。

同様のサービスを手掛ける【3691】リアルワールドが2月に暴騰しましたが、テレワークとの繋がりとしてクラウドソーシングサービスに再び注目が集まってもおかしくありません。

同じくクラウドソーシングサービス大手の「クラウドワークス」を展開している【3900】クラウドワークスとともに注目しておきましょう。

 

 

【ここだけチェック!】
  • テレワーク導入企業向けのサービスを提供している企業は注目されやすい
  • 働き方改革の文脈で関連のある企業は「テレワーク」関連銘柄としても注目されやすい

 

5.まとめ

 

通勤ラッシュに揉まれながら会社に通勤する日々。

 

まだ会社で働くことが「普通」であることには変わりません。

 

しかしながら、かつての日本人における勤務スタイルが今ようやく変化しつつあります。

 

今後は、多様な働き方を提供することが優秀な人材を集め、企業の競争力を向上させることに直結する時代がやって来るかも知れません。

 

そうした状況を見据え、各企業が「働き方改革」に取組み始めています。

 

「テレワーク」関連銘柄にとっては、中長期的に追い風の事業環境が続くでしょう。

 

今の内から株式投資を行うことによって、将来大きなリターンを獲得することが出来るかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中
SNSにてすぐに情報を受け取れます
Twitterもやっております



この記事が気に入りましたら是非フォローしてください!

厳選おすすめ記事5選