});

無料でお役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

勝ち組が実践している手法を無料公開中!

長期的に安定して稼げる、世界で1番シンプルな手法を今だけ無料でお伝えします 再現性が高くて、簡単なので初心者でもすぐに稼げます!
1日5分でできるメール講座を無料にて配信中!
特定商取引法とプライバシーポリシー

【これでわかる】仮想通貨関連銘柄を全まとめ。今注目の通貨と銘柄を抑えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

ビットコインに続く、期待値の高い仮想通貨の関連銘柄を掲載!

 

法整備が進んだことで、代表格のビットコインが通貨として今後様々な決済手段に使われ、仮想通貨への注目が高まりつつあります。

 

イーサリアムやリップル、ライトコインなど、いま世界中の投資家に人気の仮想通貨を取り上げ、急成長が見込める関連銘柄を探っていきましょう。

 

 

1.勢いが止まらない仮想通貨の可能性

 

仮想通貨とはインターネット上で使用されるお金で、その始まりはブロックチェーン技術を活用する「ビットコイン」が誕生した2008年のこと。

 

1-1.仮想通貨を簡単におさらい

仮想通貨は国が発行する紙幣や硬貨とは違って電子データとして存在し、不正防止のために暗号技術を用いているため「暗号通貨」とも呼ばれます。

 

銀行など公的な発行主体や管理者は存在しませんが、仮想通貨専門の取引所を介して円やドル、人民元、ユーロなど現実の通貨に交換可能。

 

2016年には法整備も進み、日本では仮想通貨を決済手段に使える「財産的価値」と定義した法案が成立しました。しかし、送金や決済に使用することが本来の役割である仮想通貨、国内ではその取引の9割以上が投資(投機)目的だと言われています。

 

それでも様々な店舗での取り扱いは増えており、電気料金の支払いにも対応するなど今後仮想通貨ビジネスはさらに拡大していくでしょう。

 

1-2.人気の仮想通貨ランキングTOP10!

世界で1,000種類以上も存在する仮想通貨の人気TOP10を見ていきましょう。

順位 / 仮想通貨 備考
【第1位】ビットコイン・Bitcoin

最も有名な仮想通貨のビットコインはブロックチェーン技術で分散管理されていますが、ビットコインゴールドやSegwit2xを採用した分裂騒動が話題に。

圧倒的なシェアと知名度で時価総額は2位以下を大きく突き放しており、今後も不動の地位であることは間違いないでしょう。

▼詳しくはこちらをご覧下さい。

【投資家なら知っておきたいビットコイン事情。仕組みや技術も解説】

【第2位】イーサリアム・Ethereum 資産管理のプラットフォームとして開発されたイーサリアムは、不動産や証券のような財産を扱うことができる柔軟性の高い仮想通貨です。
【第3位】リップル・Ripple ビットコインの送金が数分かかるところ、リップルは数秒。また、ビルゲイツ財団やSBIとの提携、Googleが投資するなど話題性が多く注目を集めています。
【第4位】ビットコインキャッシュ・BitcoinCash データ容量を拡張するため、2017年8月にビットコイン分裂によって誕生したビットコインキャッシュは取引スピード等が改善され期待が高まっています。
【第5位】ライトコイン・Litecoin 仮想通貨が人気の韓国市場にある取引所Coinoneに上場してから注目されたライトコインは、ビットコインと同じ仕組みですがより高速な取引が可能。
【第6位】ネオ・NEO 2016年8月に公開したアントシェアズから現在は名前をネオに変えており、中国版イーサリアムとも呼ばれる注目の高い通貨。
【第7位】カルダノ・Cardano 2017年10月2日に売買開始された基軸通貨がADAコイン。カルダノのオンラインカジノやゲームのプラットフォームで利用される。
【第8位】ステラー・Stellar 発行枚数が無制限なのが一番の特徴。リップルと性能が似ているため、リップルに合わせて高騰する。毎年1%ずつ発行されているので今後の動きに期待できる。
【第9位】イオス・EOS 分散型アプリケーションを構築するプラットフォーム。トランザクションスピードが速く、取引手数料がかからないため取引回数が多い企業のコスト削減が期待できる。
【第10位】アイオータ・IOTA Tangleというブロックチェーンに似た技術を利用し、セキュリティや通信コストの面で実用性が高く幅広いIoTデバイスで利用可能。

 

 

【ここだけチェック!】
  • 仮想通貨が誕生したのは2008年のビットコインが始まり
  • 世界中には1,000種類以上もの仮想通貨が存在する

 

2.仮想通貨別に主な関連銘柄を紹介

 

株価上昇が期待できる人気仮想通貨関連銘柄をそれぞれ通貨別に見ていきましょう。

 

2-1.ビットコイン関連銘柄

2008年の誕生から最も有名な仮想通貨となったビットコインの数ある関連銘柄の中から、とくに注目の4銘柄を厳選致しました。

 

★注目銘柄 ┃【3808】オウケイウェイヴ

チャート画像

 

 

市場 名証セントレックス
業種 情報・通信業
単位 100株
比較される銘柄 ロックオン 、カイカ 、ULSグループ
注目ポイント シンガポール企業仮想通貨交換業の登録申請

 

海外子会社OKfinc LTD.はシンガポール企業とICO実施に進め、仮想通貨交換業の登録申請を発表。GFA CapitalとICOコンサルティング事業に関する業務提携している。

2018年に入ってから短期間で株価4.8倍にまで急騰したこともあり、投資家からの期待も高く引き続き本命視したい銘柄です。

 

その他のビットコイン関連銘柄

【3853】インフォテリア

一般社団法人ブロックチェーン推進協会やビットコイン取引所を運営するテックビューロなどと事業提携し、仮想通貨「Zen」の社会実験を開始している。

 

【3696】セレス

11月末から「NEM」、12月中旬から「Waves」において、ビットコインのマイニング(採掘)事業の積極参入により約2倍の上昇を見せる。

 

【3769】GMOペイメントゲートウェイ

仮想通貨交換業取引所のbitFlyerと資本・業務提携しているほか、ポイントサイト「ポイントタウン」でビットコインとの交換サービスを行っている。

 

2-2.イーサリアム関連銘柄

ビットコインに次いで世界に流通しているイーサリアムですが、まだまだ成長余地は大きく関連銘柄も投資チャンスは十分にあります。

 

★注目銘柄 ┃【8473】SBIホールディングス

チャート画像

 

市場 東証一部
業種 証券・商品
単位 100株
比較される銘柄 JAFCO 、カブコム 、松井
注目ポイント 金融、アセットマネジメント、バイオなど幅広い事業展開

 

国際送金サービスを手掛ける同社は、リップルと提携してアジア地域を中心にリップルプラットフォームの普及を目指す。

また、フィンテック関連企業4社への出資や専用ファンドを立ち上げ、SBIグループ企業に仮想通貨の導入など、事業を急拡大させている。

 

その他のイーサリアム関連銘柄

【9449】GMOインターネット

仮想通貨のマイニング(採掘)事業を開始しており、グループ全体で仮想通貨やブロックチェーン領域へ注力している。

 

【9613】NTTデータ

2017年10月2日よりEAAに加盟し、ブロックチェーン技術を使った共同研究を開始。イーサリアムをベースにシステムを試作している。

 

【8306】三菱UFJフィナンシャル・グループ

 NTTと同じくイーサリアムの活用に取り組むEEAに参加表明し、独自に「MUFGコイン」開発も行うなど、仮想通貨事業への参入に大きく力を入れている。

 

2-3.リップル関連銘柄

ビットコインの改良版と言われるほど利便性が高く、Googleの出資をきっかけに期待はうなぎのぼりのリップル関連銘柄をピックアップ。

 

★注目銘柄 ┃【3825】リミックスポイント

チャート画像

市場 東証二部
業種 情報・通信業
単位 100株
比較される銘柄 ULSグルプ 、サインポスト 、メタップス
注目ポイント 子会社のピーチと仮想通貨ATMの設置を共同で行う。

 

傘下のビットポイントジャパンはANAの子会社ピーチにビットコインの決済システムを提供すると発表

今後旅行先での宿泊施設・飲食店・土産物販売店等での仮想通貨ATMの設置やビットコイン決済の普及を両社で共同して行う予定。

 

 

その他のリップル関連銘柄

【4284】ソルクシーズ

金融や流通、通信に強い同社は、SBIホールディングスとフィンテック分野におけるシステム構築に向けて業務提携を行っており注目度は高い。

 

【3854】アイル

ブロックチェーン技術開発を行っているシビラへ出資、資本業務提携を発表。仮想通貨の導入に向けて動きを見せる。

 

【8316】三井住友フィナンシャルグループ

アメリカに拠点を置きフィンテック関連にも力を入れる同社は、新送金システム連合への参加で今後リップルの活用にも取り組んでいく。

 

 

3.まとめ

 

法整備が進んだことで仮想通貨を利用するシーンが今後急速に増えていくと期待でき、仮想通貨を応用したビジネスの可能性は無限に広がりました。

 

関連銘柄の上昇はこれから本格化していくのです。

今回ご紹介したビットコイン、イーサリアム、リップルの仮想通貨関連銘柄はしっかりと把握しておきましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中
SNSにてすぐに情報を受け取れます
Twitterもやっております



この記事が気に入りましたら是非フォローしてください!

厳選おすすめ記事5選