無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です

10万円で買える株のおすすめとは?急騰狙い・長期投資・株主優待の3タイプごとにご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

10万円から株式投資による資産形成を始めてみませんか?

 

かつては10万円では株式投資をすることはできませんでしたが、現在は全ての銘柄が100株から買えるようになったこともあり、10万円でより多くの銘柄に投資できるチャンスが生まれています。

 

この記事では、一獲千金がしたい急騰狙い、長期的な資産形成のための長期投資狙い、主婦におすすめの株主優待狙いの3パターンごとに、10万円以下から投資可能なおすすめ銘柄をご紹介しています。

 

10万円から株式投資を始めていきましょう!

 

 

1.急騰狙い!10万円以下のおすすめ銘柄

 

急騰による一獲千金が狙える10万円以下のおすすめ銘柄を抑えておきましょう。

 

1-1.2020年に急騰が期待できる10万円以下の銘柄

2020年はインバウンドを中心とした東京オリンピック関連銘柄や、小学校でプログラミング教育が必修化されることから教育関連銘柄に注目が集まります。

 

10万円以下で買える東京オリンピック関連銘柄

ホテル運営を手掛ける【3010】価値開発、外国人観光客向け免税店「LAOX」を展開する【8202】ラオックスが挙げられます。

両銘柄とも、東京オリンピックによるインバウンド需要で期待される低位株であり、10万円以内どころか3万円以内で投資することが可能です。

 

教育関連銘柄

小学校でのプログラミング教育必修化から期待される教育関連銘柄としては、

電子ブック作成ソフトを手掛ける【3393】スターティアホールディングス、IT技術者向けeラーニングシステムを開発する【2345】アイスタディが10万円以下から投資可能です。

 

1-2.2019年に急騰した銘柄の多くが10万円以下で買えた

「10万円以下で買えるような銘柄には儲かる銘柄はない」と思っていませんか?

 

2019年に年間+1,493%と約16倍の暴騰となりテンバガーを達成した【6195】ホープは、2019年1月4日時点では225円を付けていました。

つまり10万円どころか2万2,250円で買えていたことになります。

 

また2019年に年間+593%と約7倍の上昇となった【3135】マーケットエンタープライズも、2019年の初めには526円です。

こちらは5万2,600円から買えていました。

 

同じく5G関連銘柄の【6838】多摩川ホールディングスは、2019年の初めに477円と5万円弱で買えていましたが、年間では+547%と6倍以上の上昇に。

 

教育ICT製品を手掛ける【3933】チエルは、2019年の年始には501円と5万円から買えていましたが、年間+424%と5倍以上の上昇になっています。

 

上記のいずれの銘柄も2019年に暴騰したことから、現在は10万円以内では買えなくなってしまいましたが、2019年の初めには10万円以内で買える銘柄だったのです。

 

【ここだけチェック!】
  • 2020年には東京オリンピック関連銘柄や教育関連銘柄が急騰することが期待される。
  • 2019年に暴騰した銘柄の多くが、2019年初めには10万円以下で買えていた。

 

2.長期投資狙い!10万円以下のおすすめ銘柄

2020年以降、長期にわたって値上がりが期待されるテーマ株を10万円以下で投資しておくのは、おすすめの資産運用です。

 

2020年の1年に限ると、東京オリンピックや教育関連銘柄が急騰する可能性があります。

しかし東京オリンピックは夏で終わってしまい、教育関連銘柄も長期的な少子化を考えると厳しいため数年以上の長期投資にはあまりおすすめできません。

 

2020年以降に注目される可能性が高いテーマとしては、AI(人工知能)とバイオテクノロジー関連銘柄が挙げられます。

 

AIは自動翻訳や自動運転、自動工場など、社会や産業を一変させる可能性があります。

 

長期投資におすすめのAI関連銘柄

10万円以下で投資できるAI関連銘柄としては、

自動車・IoT向け音声認識アプリを手掛ける【2468】フュートレックや、自然会話AIプラットフォーム「commubo」を手掛ける【2321】ソフトフロントホールディングスなどが挙げられます。

 

平均寿命が劇的に伸びる人生100年時代には、健康が最大の価値となり、再生医療や遺伝子治療といったバイオテクノロジーが世界的に注目されるようになることは間違いありません。

 

厚生労働省に遺伝子治療薬「コラテジェン」が認可された【4563】アンジェスや、眼疾患治療薬に強く遺伝子治療でも注目される【4596】窪田製薬ホールディングスなどのバイオベンチャー株は10万円以内で投資することが可能です。

 

【ここだけチェック!】
  • 10万円以内でできる長期投資では、社会を変える可能性があるAI関連銘柄、人生100年時代に注目されるバイオテクノロジー関連銘柄がおすすめ。

 

3.株主優待狙い!10万円以下のおすすめ銘柄

株主優待がお得な銘柄に10万円以下から投資しておくのもおすすめです。

 

特に主婦の方には【2193】クックパッドがおすすめです。

クックパッドの株主優待は、料理レシピサイト「クックパッド」のプレミアサービス1年間無料券となっています。

 

クックパッドの株主優待を貰うため100株投資するのに必要な投資金額は約4万円弱に過ぎません。

 

また子育て中の主婦の方には、子供服や赤ちゃん用品、マタニティウェアの専門店【7545】西松屋チェーンもおすすめです。

西松屋チェーンの株主優待では、10万円弱で100株保有することで、西松屋チェーン全店で使える1,000円分のクーポンを貰うことができます。

 

【ここだけチェック!】
  • 料理レシピが見放題となる【2193】クックパッドや、ベビー用品に使える【7545】西松屋チェーンなど、10万円以下で貰える株主優待は主婦の強い味方。

 

4. 10万円以下の関連銘柄リスト

 

銘柄 必要資金 戦略 備考
【3010】価値開発 17,400円 急騰狙い 東京オリンピック関連銘柄
【8202】ラオックス 26,700円 急騰狙い 東京オリンピック関連銘柄
【3393】スターティア 80,500円 急騰狙い 教育関連銘柄
【2345】アイスタディ 75,300円 急騰狙い 教育関連銘柄
【2468】フュートレック 53,800円 長期投資狙い AI関連銘柄
【2321】ソフトフロント 13,000円 長期投資狙い AI関連銘柄
【4563】アンジェス 61,200円 長期投資狙い バイオテクノロジー関連銘柄(遺伝子治療)
【4596】窪田製薬 29,300円 長期投資狙い バイオテクノロジー関連銘柄(遺伝子治療)
【2193】クックパッド 35,100円 株主優待狙い 料理レシピサイト「クックパッド」のプレミアサービス1年間無料券
【7545】西松屋チェーン 93,200円 株主優待狙い 西松屋チェーン全店で使えるクーポン

※必要資金は2020年1月16日終値の値から算出

 

5.まとめ

 

今回は、10万円から少額投資できるおすすめ銘柄を、急騰狙い、長期投資狙い、株主優待の3パターンに分けてご紹介してきました。

 

急騰狙いの場合には、インバウンド需要を中心とした東京オリンピック関連銘柄やプログラミング教育で注目される教育関連銘柄がおすすめです。

 

長期投資狙いでは、社会を変える可能性があるAI関連銘柄や人生100年時代に注目されることが間違いないバイオテクノロジー関連銘柄がおすすめとなります。

 

株主優待狙いでは、【2193】クックパッドや【7545】西松屋チェーンなどは、特に主婦の方におすすめの銘柄となっています。

 

10万円で投資を始めても何も変わらないと思ってしまうかもしれませんが、投資を始めてみることで新たな気付きや習慣が生まれるなど、日常生活で変化が生まれることも期待されます。

 

10万円から少額株式投資を始めていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中