無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、ヘッジファンドバンキング社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です。

リチウムイオン電池関連銘柄の本命は?ノーベル賞候補の技術に注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

世界的に地球温暖化対策から、電気自動車の普及を強化する流れになっております。

それにあわせ電気自動車に必須なリチウムイオン二次電池が何度も注目を集めています。

 

2017年後半はノーベル賞も控えていることから引き続き注目のリチウムイオン関連銘柄。

 

関連銘柄の動きや、注目の厳選4銘柄も合わせてチェックしておきましょう。

 

 

1.リチウムイオン二次電池の基本から

 

リチウムイオン電池関連銘柄が再びテーマ化する可能性が高いです。改めてリチウムイオン電池に関する情報を覚えておきましょう。

 

1-1.リチウムイオン二次電池の特徴

リチウムイオン二次電池は、化学的な反応を利用し直流の電力を生み出す電池です。

プラス極とマイナス極の間でリチウムイオンが行き来することで、充電と放電が可能で、繰り返し使用することができます。

 

動作温度範囲が広く、自己放電率が低いこともあり優れた特長を持ちます。

その他の利点、特徴を挙げると

  • 小型軽量
  • メモリー効果による悪影響がない
  • エネルギー密度が高い
  • 小さくて大きなパワーを出せる
  • 寿命が長い

これらのような特徴や様々なメリットがあり、多くの機器に利用されています。

エネルギー密度が高いことで小型で軽量の電池ができ、小さくても大きなパワーを出せることで需要が拡大。

 

また、リチウムイオン二次電池は繰り返し充電ができる電池なので「リチウムイオン二次電池」と呼ばれます。

価格についても、コスト削減から低価格化が進み、世界中で普及しています。

 

2016年は特にリチウムイオン電池関連銘柄がテーマ化し、急騰した銘柄も続出しました。

 

【7271】安永

急騰前の安値518円からわずか9営業日後には高値3,750円を付け、723.9%の上昇を見せました。

その他関連銘柄も大きな動きを見せるなど、リチウムイオン電池関連銘柄は注目されるとその期待から、大きな上昇が見込めます。

 

1-2.様々な分野で利用されるリチウムイオン二次電池

リチウムイオン二次電池はどのような分野で使われているのかというと、まず最初に思い当たるのがスマートフォンやタブレット、ノートPCといった端末機器があります。

 

スマートフォンの急激な普及によりリチウムイオン電池の需要も拡大しました。

また、その他で使われている分野として宇宙産業があり、人工衛星やロケットなどにもリチウムイオン二次電池は利用されています。

 

細かな部分まで見ていくと多種多様なものにリチウムイオン二次電池が利用されていますが、その中でも特に注目すべきなのは電気自動車です。

 

電気自動車は、世界的に無公害車へのニーズが高まり、電気自動車の普及が近年加速しています。

それにあわせ電気自動車には欠かせない、リチウムイオン電池関連銘柄が物色対象となりやすい状況です。

 

【ここだけチェック!】
  • リチウムイオン二次電池は優れた特長から多くの機器に利用されている
  • 電気自動車が世界的に力を入れていることから需要が高まる

 

2.2017年のノーベル賞候補であるリチウムイオン二次電池

 

リチウムイオン二次電池は2017年のノーベル賞候補として注目を集めていることから、関連する人物、銘柄をチェックしておきましょう。

 

2-1.リチウムイオン二次電池で有名な吉野彰氏

1980年代にポータブル電子機器(ビデオカメラ、携帯電話など)の開発と本格的普及が始まったことで、充電可能な二次電池の開発が急がれていました。

ニッケル水素電池やニカド電池の二次電池では高容量化や小型化に限界があり、次世代の二次電池が必須でした。

 

そこで現れたのが吉野彰氏。

 

1980年初めにリチウムイオン二次電池の原型を考案し、様々な実験、試作を繰り返し、1986年に実用的なプロトタイプを完成させました。

 

その後1991年に従来のニカド電池やニッケル水素二次電池に比べて2倍以上の高容量化が実現し、ポータブル電子機器などに広くリチウムイオン二次電池が用されました。

 

現在では、様々な電子機器に搭載され、リチウムイオン二次電池の市場は2兆円以上ともいわれる規模に成長。

この吉野彰氏によるリチウムイオン二次電池の開発により、IT化社会の実現や生活の質改善などに大きく貢献しています。

 

これらの貢献度合いから見ても、吉野彰氏は2017年のノーベル賞候補として相応しいと思われます。

 

2-2.ノーベル賞獲得時の注目銘柄&注意点

リチウムイオン二次電池がノーベル賞を獲得した場合を考えます。

 

ノーベル賞のような好材料が出た場合は、リチウムイオン電池関連銘柄の中でも特に人気がある銘柄が注目されやすい為、2016年に注目された銘柄を中心に再びチェックしておくことが重要です。

 

2016年のノーベル賞候補として注目されたリチウムイオン電池関連銘柄
  • 【6619】ダブル・スコープ
  • 【4080】田中化学研究所
  • 【4005】住友化学
  • 【4047】関東電化工業
  • 【4004】昭和電工
  • 【6674】ジーエス・ユアサ コーポレーション

 

また、これら以外にも関連された銘柄は多数あり、すべてチェックしたいところですが、リチウムイオン二次電池関連銘柄は

 

  • 正極材、負極材、セパレーター、電解液といった部材に絡んだ銘柄
  • 高度な技術が必要である電池製造装置を手掛ける銘柄

など、関連された銘柄は数多くありますので、特に注目されやすい銘柄に絞り込むことがポイントとなるでしょう。

 

  • 過去にリチウムイオン電池関連の材料で大きく動意付いた銘柄
  • 直近で高値を更新してきた銘柄

などのポイントも注目していきましょう。

 

人気がある銘柄は、ノーベル賞受賞直後は大きく株価を伸ばす可能性がありますので注目です。

ただ、その後は短期で利益確定売りなども増えやすいため、注意は必要です。

 

この後、ポイントになる個別銘柄などを細かく取り上げていますので、合わせてご確認下さい。

 

▼ノーベル賞銘柄の特徴に関してはこちらをご参考下さい

【2017年版】ノーベル賞関連銘柄を先取り!受賞前後の株価の動きも紹介

 

【ここだけチェック!】
  • リチウムイオン二次電池の開発者である吉野彰氏はノーベル賞候補
  • ノーベル賞に選ばれた場合2016年に注目された銘柄や、調子のいい銘柄に注目

 

3.リチウムイオン電池関連銘柄の動向

 

では、リチウムイオン電池関連目柄の動きをおさらいし、今後注目の銘柄を取り上げてみます。

 

3-1.2017年のリチウムイオン電池関連銘柄動向

2017年は世界中で電気自動車へと舵を切る動きが加速しました。

7月にフランスとイギリスの両国が『2030年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する』と発表。

 

9月には中国が『2019年より電気自動車などの新エネルギー車製造・販売を全体の10%になるように義務付ける』と公表。

 

さらに家電大手のダイソンも2020年までに電気自動車の販売を行う考えを示しました。

 

電気自動車が注目されるにつれ、心臓とも言えるリチウムイオン電池関連銘柄にも同様に買いが集まる様になりました。

 

中でも二次電池材大手である【4080】田中化学研究所はリチウムイオン電池本命銘柄として、株価を4.6倍にまで増やしています。

 

銘柄 安値 高値 倍率
【4080】田中化学研究所 2017年4月13日 安値 621円 2017年10月20日 高値 2,918円 4.6倍
【6955】FDK 2017年2月2日 安値 92円 2017年10月19日 高値 328円 3.5倍
【3891】ニッポン高度紙工業 2017年1月19日 安値 857円 2017年12月28日 高値 2,972円 3.4倍
【6669】シーシーエス 2017年1月19日 安値 1,175円 2017年10月30日 高値 3,905円 3.3倍

 

上記4銘柄はリチウムイオン電池関連銘柄の中でも特に注目度が高く、材料視されるようなニュースが出る度に株価を上げてきました。

 

3-2.2018年注目のパターン別リチウムイオン電池関連銘柄

2018年に入ってもリチウムイオン電池関連銘柄は人気のテーマ株として注目されています。

 

自動車環境規制がより強まり、2030年には自動車の半数は電気自動車に変わると言われていることで欧州や中国を中心に電気自動車の需要が拡大。

 

国内の大手電子部品メーカーや電気自動車開発に取り組む企業も積極的に設備投資を行っております。

 

直近では東芝や双日、ブラジルのCBMM社がリチウムイオン電池向け負極材の共同開発契約を締結し、話題を呼びました。

 

リチウムイオン電池を手掛ける企業には今も積極的な買いが集まっています。

 

▼電気自動車についてはこちらはご参照下さい

EV(電気自動車)関連銘柄の本命は?合わせて急速充電器関連も注目!

 

では、リチウムイオン電池関連銘柄の中で3パターンの特徴のある動きをしている銘柄を取り上げてみます。

 

過去5年で2018年に高値を更新している銘柄
【4004】昭和電工 【9960】東テク 【5302】日本カーボン
【4208】宇部興産 【4092】日本化学工業 【3891】ニッポン高度紙工業
【6245】ヒラノテクシード 【4188】三菱ケミHD 【6407】CKD
【5020】JXTG 【8036】日立ハイテクノロジーズ 【4044】セントラル硝子
【1925】大和ハウス工業 【4275】カーリットH 【6201】豊田自動織機
【7013】IHI 【8001】伊藤忠商事

 

 

過去5年で2倍以上の短期急騰したことがある銘柄
【4080】田中化学研究所 【4092】日本化学工業 【5121】藤倉ゴム工業
【5216】倉元製作所 【5727】東邦チタニウム 【5781】東邦金属
【5940】不二サッシ 【6331】三菱化工機 【6391】加地テック
【6619】ダブル・スコープ 【6882】三社電機製作所 【6937】古河電池
【6955】FDK 【7211】三菱自動車工業 【7271】安永

 

2018年の株価が右肩上がりの銘柄
【8001】伊藤忠商事 【6762】TDK 【5331】ノリタケ
【4092】日本化学工業 【5020】JXTG 【8059】第一実業
【6502】東芝 【6701】NEC 【6762】TDK
【6981】村田製作所 【7013】IHI

 

これらのリチウムイオン電池関連銘柄の中から急騰銘柄が出る可能性もありますので、2017年の株価動向が注目されます。

 

 

【ここだけチェック!】
  • 2016年はリチウムイオン電池関連銘柄が何度も注目された
  • 2017年はイギリスやフランスをはじめ電気自動車普及の動きが強まっている

 

4.リチウムイオン電池関連の厳選4銘柄

 

これらのリチウムイオン電池関連銘柄の中から急騰銘柄が出る可能性もありますので、2018年の株価動向が注目されます。

 

4-1.【6502】東芝

 

市場 東証2部
業種 電気機器
単位 1,000株
比較される銘柄 日立製作所、パナソニック、三菱電機
注目ポイント レアメタルの調達コスト削減のために鉱山会社と共同開発契約を締結

同社が開発しているリチウムイオン電池は、僅か6分の充電で320kmの走行が可能。

2020年度の量産を目指すため、レアメタルの鉱山会社である双日とブラジルのCBMM社と共同開発の契約を結びました。

調達コスト削減による業績アップに期待できます。

 

4-2.【6501】日立製作所

 

市場  東証一部
業種 電気機器
単位  100株
比較される銘柄 東芝、三菱電機、パナソニック
注目ポイント 東北大学と燃えにくい電解質を使ったリチウムイオン電池を試作

一般的なリチウムイオン電池は異常が起きるとすぐに発火してしまう恐れがあるのですが、同社は東北大学と共に燃えにくい電解質を使ったリチウムイオン電池の試作を行っています。

 

従来よりも引火点が100度以上高く、伝導性も従来比4倍を実現しました。

発火を防ぐための設備を設ける必要がなくなり、省スペース低コストが期待できるとして注目されています。

 

4-3.【6674】GSユアサ

 

市場  東証一部
業種 電気機器
単位 1,000株
比較される銘柄 パナソニック、日立製作所、富士電機
注目ポイント 純京都産電気自動車でリチウムイオン電池を提供

京都大学発祥のベンチャーと京都に本社を置く電子メーカーが協力して純京都産電気自動車を製作。

 

実績を武器にして大手自動車メーカーに部品を売り込むことを目的としており、搭載されたリチウムイオン電池は同社製のものが使われています。

 

鉛蓄電池では国内トップシェアで、世界でも第2位のシェアを占める同社は注目すべきリチウムイオン電池関連銘柄の一つと考えます。

 

 

4-4.【5218】オハラ

市場  東証一部
業種 ガラス・土石
単位  100株
比較される銘柄 テクノクオーツ、日本ガイシ、ノリタケ
注目ポイント 全固体リチウムイオン電池関連銘柄の代表格

業績上方修正と増配のサプライズを皮切りに買いが集まり、NEDOが全固体電池基盤技術の開発を発表したことでその後も株価は上昇。

 

リチウムイオン伝導性ガラスセラミックスを開発済みである同社。

現在は割高感が否めないものの、関連銘柄の中でも代表格に位置づけられているため今後も高値を更新する可能性は十分にあると考えられます。

 

5.まとめ

 

リチウムイオン二次電池は電気自動車の進展、強化により注目度を集めるセクターです。

今後ますます増える電気自動車に合わせ、リチウムイオン電池関連銘柄は業績UPが期待できます。

 

またノーベル賞候補としても注目な為、リチウムイオン二次電池関連銘柄は今後の動向が見逃せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中