無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です。

近づくのは危険!株のマネーゲーム化とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

経済ニュースなどで「◯◯の銘柄がマネーゲームになっている。

といった内容を聞いたことはありませんか?

 

色々な意味がありますが、株式投資においては、
超短期的な利益を狙う、ギャンブル性の高い取引を意味します。

 

つまり仕手株以上の超ハイリスク・ハイリターンです。

 

今回はマネーゲームについて解説していきます。

 

 

1.マネーゲーム化する銘柄とは

 

主にマネーゲーム化する銘柄は、
整理ポストに指定され、上場廃止が決定した銘柄に多く発生します。

 

1-1.監理ポストと整理ポスト

まず上場廃止になる流れを解説します。

 

上場を維持する基準に満たしていないと判断されると、まず監理ポストに指定されます。

 

監理ポストとは、いわば上場廃止候補銘柄となることです。

 

ここで本当に廃止になるのかどうかの審査が行われます。

上場廃止が決定すると、次は整理ポストに指定されます。

 

整理ポストに指定されると、原則1ヶ月後に上場廃止となるのです。

 

この1ヶ月間にマネーゲーム銘柄となる場合が多いというわけです。

 

▼参考
上場廃止の銘柄のチャートの動きがこちらにまとめてありました。
http://rizumunet.blog.jp/archives/1018689990.html

 

1-2.上場廃止銘柄の株価は0円に近づく

上場廃止が決定した株は近い将来、価値ゼロの紙くずになります。

現在の価格が100円、1000円あろうと最終的に1円まで下落するのです。

 

とはいえ株価が1円になっても頻繁に売買され、1円~5円の間を行ったり来たりし激しく上下します。

 

1円の株が5円になれば株価5倍ですよね。
この利ざやを稼ぐため、投資家が頻繁に売買を行う様をマネーゲームと呼んでいるのです。

 

1-3.マネーゲーム化した銘柄は超ハイリスク!

1円で買って、5円で売れば簡単に利益が出ます。

簡単に行えそうに見えますね。

 

しかし1円で買って5円で売ろうとしても、皆同じことを考えているため買い手がおらず売れません。

 

また5円になったとしても、圧倒的な注文量があるため処理が追いつかずに売れないのです。

株の約定とは早いもの勝ちで、より早く注文した人から約定されるためです。

 

この時誰よりも早く注文していれば約定されます。

しかしかなりの参加者がいるため、ココに食い込むのは容易ではありません。

 

ここまで来ると運が必要であり、完全にギャンブルですね。

マネーゲーム化された銘柄は簡単そうに見えますが、実は超ハイリスクなのです。

 

 

2.過去マネーゲーム化した銘柄、タカタ

 

かつてマネーゲームと化した銘柄はたくさんあります。
ここでは有名な事例をご紹介します。

 

2-1.エアバック問題で上場廃止に

タカタは部品メーカであり、車のエアバックやシートベルトを作っている企業でした。

 

しかも当時、エアバック、シートベルトは世界トップレベルのシェア持っていた大企業です。

 

しかし2009年事件が起こります。

アメリカでエアバックが爆発し、乗っていた女性が死亡する事故が起きてしまったのです。

 

当初タカタは賠償やリコールを拒否。

しかし批判が広がるに連れ、リコールは不可避の状況に追い込まれました。

 

ここでついに全台回収する動きになります。

 

肝心の株価は連日のストップ安。6000円から700円台まで急落。

最終的には上場廃止が決定し、マネーゲーム銘柄となるまで没落したのです。

 

2-2.まさにマネーゲームの動きをしたタカタ

タカタ株はかなり激しく上下しました。

ストップ高になったと思えば、その後いきなりストップ安。

 

一時期15円まで下落したかと思えば、1週間後には10倍の153円となりテンバガーを達成するまでに。

 

様々なニュースが飛び交い、このように荒々しく株価が動いたのです。

 

当時マネーゲームに参戦した投資家多かったです。

ここで運がよければ、超短期でかなりの利益を得ることが出来たかもしれません。

 

しかしチャート分析など役に立たず、完全にギャンブルです。

超短期でここまで激しく動く様子は、まさにマネーゲームそのものですね。

 

 

3.まとめ

 

マネーゲーム化した銘柄は、仕手株以上に超ハイリスク・ハイリターンです。

 

一瞬で大きく稼げる可能性もありますが、反面大きな損失を被る可能性も高いです。

さらに経験豊富な投資の猛者たちも参戦してきます。

 

初心者にはあまりに難度が高すぎるため、マネーゲーム化した銘柄には近づかないようにしましょう。

 

▼関連記事

仕手株の銘柄で利益を出す方法と注意点のすべて

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中