無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です

【2019年版】ノーベル賞関連銘柄を先取り!受賞前後の株価の動きも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

 

例年10月にはノーベル賞受賞者の発表があります。

 

近づくにつれてノーベル賞関連銘柄へと物色が向かいやすくなりますので、早い段階で仕込むことができればかなり有利です。

 

なかでも株式市場に影響あるのが物理学賞、化学賞、生理学・医学賞の3分野で、

過去のバイオブームでも関連銘柄が軒並み急騰してきたことは記憶に新しいでしょう。

 

早速、2019年のノーベル賞に関するまとめを見ていきましょう!

 

 

 

1.ノーベル賞と株価の関係

 

ダイナマイト発明者であるアルフレッド・ノーベルの遺言が発端となったノーベル賞は、世界的な功績を残した人物に贈られるもの。

昨年までに日本人からノーベル賞受賞者が3年連続で出ていることから、今年も注目が集まること間違いなしでしょう。

 

基本的に株価は期待が先行してプラスに働いていきますので、ノーベル賞受賞者の発表前であるほど割安に購入することが可能です。

 

2019年ノーベル賞部門別発表日

部門 発表日 日本時間 受賞者
医学生理学賞 10月7日 18:30頃 ウィリアム・G・ケリン
グレッグ・セメンザ
ピーター・J・ラットクリフ
物理学賞 10月8日 18:45頃 ジェームズ・ピーブルズ名誉教授
ミシェル・マイヨール名誉教授
ディディエ・ケロー教授
化学賞 10月9日 18:45頃 —–
文学賞 10月10日 20:00頃 —–
平和賞 10月11日 18:00頃 —–
経済学賞 10月14日 18:45頃 —–

 

 

ノーベル賞受賞の期待が高まる関連銘柄は、9月中頃から10月上旬にかけて急騰しやすい特徴があります。

 

この時期にバイオ関連銘柄の上昇が目立つのは、ガン治療についての研究発表が行われる秋の日本癌学会シーズンと重なっていることも理由のひとつ。

 

▼バイオ関連銘柄についてはこちらをご参考下さい

バイオ関連銘柄はテーマ性強し!荒い値動きだからこそ稼げるポイント

 

そのほか、医療品や新素材開発の企業が注目されるケースも多く、幅広い銘柄で連想買いが行われるほど盛り上がりを見せます。

過去の関連銘柄ではテンバガー銘柄も輩出しているノーベル賞受賞のパンチ力は相当なものですから見逃せません。

 

実際に昨年のノーベル賞関連銘柄の動きと、賢い投資法を見ていきましょう。

 

【ここだけチェック!】
  • 関連銘柄は例年9月中頃から10月上旬にかけて急騰しやすい特徴がある

 

2.ノーベル賞発表前後の株価の動き

 

10月の一大イベントとなるノーベル賞に向けて、関連銘柄はどのような動きをするでしょうか。

過去の株価動向と、特徴を押さえたオススメ投資法をご紹介していきます。

 

2-1.2018年のノーベル賞関連銘柄の株価動向

2014年から2016年まで、3年連続でノーベル賞受賞者を誕生させてきた日本。

 

2017年度では日本国籍受賞者は生まれなかったものの、期待度の高い関連銘柄は思惑買いで株価を大きく上昇させました。

 

2018年度 ノーベル賞関連銘柄の株価推移
銘柄 株価 上昇率
【4004】昭和電工 20,545円→24,390円 1.18倍
【4974】タカラバイオ 1,594円→3,210円 2.01倍
【4506】大日本住友製薬 1,686円→4,135円 2.45倍
【4523】エーザイ 6,497円→11,490円 1.76倍
【4528】小野薬品 2,660円→3,430円 1.28倍

 

2018年は、米中貿易摩擦による世界株安の影響で、ノーベル物理学賞やノーベル化学賞で注目されるハイテク株は軒並み大きく値を下げてしまいました。

 

ノーベル物理学賞候補の超電導で注目を集めるリニアモーターカー関連銘柄の【9022】JR東海は微増となっています。

 

バイオテクノロジー系の上昇が目立った2018年

2018年はがん治療薬「オプシーボ」の開発に繋がる研究をした本庶佑氏がノーベル生理学・医学賞を受賞したこともあり、医薬品やバイオテクノロジー関連銘柄の上昇が目立ちました。

 

 

ただ「オプシーボ」を販売している【4528】小野薬品は、本庶佑氏のノーベル賞受賞のニュースで一時的に上げましたが、長期的な値上がりには繋がりませんでした。

 

一方、ゲノム編集を始めとする遺伝子治療やiPS細胞を始めとする再生医療といった、

ノーベル賞受賞も期待されるテーマを手掛ける【4974】タカラバイオや【4506】大日本住友製薬などの上昇は際立っています。

 

2-2.ノーベル賞関連銘柄の特徴を押さえた投資

ノーベル賞関連銘柄の株価は共通して「9月中頃から急騰し始め、受賞発表当日に高値をつける」ことがほとんどです。

 

その為、動意付く前の割安な状態で買うには9月入ってすぐの段階で、受賞発表前日までの約1ヶ月を目安に運用すると効果的でしょう。

 

思惑によってこの1ヶ月間は急騰しやすくなりますが、その中でも相場を牽引する新興市場のバイオ関連銘柄が好ましいと言えます。

基本的に値動きは激しくなることが予想できますので、デイトレ対象としても面白いかもしれません。

 

ただし、利確売りの圧力が一気に高まりますのでノーベル賞受賞日まで持ち越さないことです。

 

バイオブームに火をつけたのが2012年「iPS細胞」の受賞で、タカラバイオは8倍、コスモバイオやカイオムバイオは10倍の急騰は記憶に新しいでしょう。

受賞発表後の関連銘柄は再び人気化することもありますが、その場合は中長期目線で追いかけることになります。

 

今年で4年連続となる日本人のノーベル賞受賞が期待され、株式市場でも関連銘柄への関心が高まっていますので、ぜひチェックしておきましょう。

 

2-3.2019年のノーベル賞関連銘柄の最注目したいのは、生理学・医学賞

マーケットでは2019年のノーベル賞関連ニュースは、ノーベル生理学・医学賞に特に大きな注目が集まると考えられます。

 

ノーベル生理学・医学賞は、現在マーケットで最も注目を集めているセクターと言っても過言ではないバイオテクノロジー関連銘柄との関連性が強いためです。

 

もちろんノーベル化学賞およびノーベル物理学賞の行方にも注目が集まりますが、バイオテクノロジー株に比べるとマーケットでの注目度では落ちると言わざるを得ません。

 

ノーベル賞受賞が期待される遺伝子治療や再生医療などを手掛けているバイオテクノロジー関連銘柄には、特に注目しておきましょう。

ノーベル賞関連銘柄は、ノーベル賞が発表される直前の9月頃から高騰し始め、発表後に高値を付けてからは落ち込む傾向があります。

 

ノーベル賞発表を受けて暴騰した銘柄は、その後は暴落するリスクが高いため、下手に手を出すのはおすすめできませんのでここは注意しておきましょう。

 

【ここだけチェック!】
  • ノーベル賞関連銘柄は9月中頃から受賞発表日にかけて上昇しやすい
  • 受賞発表日以降は利確売りが強まるので当日まで株を持ち越さないこと

 

3.株価に影響を与える代表的な3つの部門

 

生理学・医学、化学、物理学、文学、平和学、経済学の6つで構成されるノーベル賞は、各部門で大きな功績を残した人物に与えられる世界的な賞です。

 

その中でも株式市場にインパクトを与える3つの部門を見ていきましょう。

 

3-1.ノーベル生理学・医学賞

生理学および医学分野で最も重要な発見を行った人物に与えられるのが「ノーベル生理学・医学賞」です。

 

がんやエイズを治す技術など、世界中から必要とされる技術の発展が目覚ましい生理学・医学の世界。

 

2016年度に受賞したオートファジーに続き、新しい技術を生み出そうと日々研究が行われています。

 

2018年 生理学・医学賞の関連として注目された銘柄
銘柄 備考
【4528】小野薬品工業 免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」を開発
【4588】オンコリスバイオファーマ 新規抗がん剤「テロメライシン」を開発
【4523】エーザイ 抗がん剤「レンビマ」を開発

 

2018年は、がん免疫療法の発展に貢献した本庶佑氏がノーベル生理学・医学賞を受賞したことを受けて、抗がん剤を手掛けている銘柄に大きな注目が集まりました。

 

特に新規抗がん剤「テロメライシン」を手掛けるオンコリスバイオファーマは、2018年10月から2019年3月に掛けて10倍弱の暴騰となっており、テンバガー達成寸前となりました。

 

2019年には、がん治療に加えて、遺伝子治療や再生医療などの分野でノーベル生理学・医学賞関連銘柄が動意づくことが期待されます。

 

ただ、バイオベンチャー株はハイリスク・ハイリターンなテーマ株であるため、ノーベル賞期間中はより一層注意が必要です。

 

3-2.ノーベル化学賞

化学分野で最も重要な発見を行った、または改良を成し遂げた人物に与えられるのが「ノーベル化学賞」です。

 

日本は数多くの有力候補者をもつため、3人まで受賞できる科学省は期待が高まっています。

 

ノーベル化学賞では、世界的なEVシフトを背景に、リチウムイオン電池関連での受賞期待が高まっています。

 

2018年 化学賞の関連として注目された銘柄
銘柄 備考
【6752】パナソニック リチウムイオン電池メーカー世界2位
【6762】TDK リチウムイオン電池メーカー世界4位
【6981】村田製作所 リチウムイオン電池のセパレーターを開発
【3891】ニッポン高度紙工業 リチウムイオン電池メーカー世界5位
【6674】ジーエス・ユアサ リチウムイオン電池を開発
【4080】田中化学研究所 リチウムイオン電池の正極材料を開発
【4217】日立化成 リチウムイオン電池負極材の世界トップメーカー
【4027】テイカ 酸化チタン(光触媒物質)を手掛ける
【4028】石原産業 酸化チタン(光触媒物質)を手掛ける

 

スマホやIoT機器向けの小型リチウムイオン電池、車載用や産業向けの大型リチウムイオン電池のいずれにおいても、リチウムイオン電池の需要は高まっています。

 

マーケットにおいてもリチウムイオン電池は注目テーマ株となっており、EV関連銘柄を中心に多くの銘柄が上昇しているため、ノーベル化学賞受賞で一層弾みがつく可能性も考えられます。

 

リチウムイオン電池とともにノーベル化学賞で注目されるのが光触媒です。

 

光触媒とは、光を当てることによって化学反応の速度を速める性質を持つ物質の総称のことで、特に酸化チタン光触媒は、医療機器の衛生面の向上に多大なる貢献をしていることで知られます。

 

光触媒を発見した東京大学の藤嶋昭氏は、毎年ノーベル化学賞の候補として名前が挙がっています。

 

3-3.ノーベル物理学賞

文学分野で最も重要な発見を行った人物に与えられるのが「ノーベル化学賞」です。

 

物理学賞は天文学から量子力学まで幅広いジャンルがある分、候補者も多いために受賞枠の最大3名が選出されることが多いです。

 

ノーベル物理学賞は日本が強みを持つ領域であり、日本人の受賞者が出ればご祝儀買いが入ることも期待できます。

物理学賞発表後の関連銘柄の動向は要チェックしておきましょう。

 

2018年 物理学賞の関連として注目された銘柄
銘柄 備考
【5801】古河電気工業 超電導ケーブルや光ファイバーを手掛ける
【5802】住友電気工業 超電導ケーブルや超電導コイル、超電導モーターなどを手掛ける
【6503】三菱電機 MRI用高温超電導コイルを手掛ける
【7013】IHI 超電導モーターを手掛ける
【9022】JR東海 リニアモーターカー(超電導)

 

超電導以外でも、新たな電子素材として注目される「マルチフェロイック物質」を発見した東京大学の十倉好紀氏、

磁石の性質を持つ「磁性半導体」を開発した東北大学の大野英男氏らがノーベル物理学賞の候補として挙げられています。

 

 

 

3-4.番外編/ノーベル文学賞

「優れた文学作品の執筆をした人物(作家)に授与される賞」

『ノルウェイの森』や『IQ84』などが世界的に有名となった作品で、毎年有力候補として名前が挙がる村上春樹氏。

 

文学賞は他の賞と違って枠が1つしかありませんが、毎年以下の銘柄はお決まりのように盛り上がります。

2017年 文学賞の関連として注目された銘柄
銘柄 備考
【9978】文教堂グループホールディングス 書店チェーンの運営を行う業界大手。
【3159】丸善CHIホールディングス 図書流通センターと統合し、傘下のジュンク堂は文教堂の大株主。

 

例年のように書籍販売を手掛ける銘柄には村上春樹氏の受賞を期待した物色が向かう傾向にあり、チャンスは見逃せません。

 

ノーベル文学賞は2018年は中止になってしまいましたが、今年は2018年分とまとめて発表されます。

今年こそは村上春樹氏の受賞に期待しましょう!

 

 

【ここだけチェック!】
  • バイオ関連銘柄は過去にいくつも急騰銘柄を輩出している
  • 文学賞関連銘柄として挙げた2社の株価上昇は毎年恒例となっている

 

4.2019年度の受賞が期待される候補者リスト

 

各部門の候補者をピックアップしていきます。

 

4-1.生理学・医学賞の候補者

┃有力候補者

【満屋 裕明氏】熊本大学医学部内科学教授

世界初のエイズ治療薬「AZT」を開発。特許を協力社に無断で取得されるも世界で2番目3番目のエイズ治療薬「ddI」と「ddC」を開発した。

 

 その他の候補者リスト

 【小川 誠二氏】東北福祉大学特任教授

病院で診断に使われるMRI装置の基本原理を発見。それまで確認できたのは脳の構造のみだったが、fMRIでは「活動」まで確認が可能となった。

 

 【森 和俊氏】京都大学大学院理学研究科教授

「小胞体内変性タンパク質」の検出及びその修復によるメカニズムを解明した。

 

 【坂口 志文氏】大阪大学免疫学フロンティア研究センター教授

過剰な免疫反応を抑制する「制御性T細胞」及び「転写因子Foxp3」の特性と機能を発見。

 

 【竹市 雅俊氏】国立国際医療研究センター臨床研究センター長

細胞同士を繋ぐ物質「カドヘリン」を発見。形態形成、がんの浸潤や転移など様々な研究が進められる。

 

4-2.化学賞の候補者

┃有力候補者

 

【藤嶋 昭氏】東京理科大学学長

光に当たるだけで抗菌・講ウイルス、防汚に大気浄化などが可能な光触媒(酸化チタン)を開発。

 

【新海 征治氏】九州大学高等研究院特別主幹教授

世界で初めて分子スイッチというジャンルを確立。分子機械の先駆者です。

 

 

 その他の候補者リスト

 【前田 浩氏】熊本大学医学部教授・崇城大学薬学部教授

がん治療における高分子薬物の血管透過性・滞留性亢進(EPR)効果を発見。

 

 【飯島 澄男氏】名城大学終身教授

アルミニウムの半分の軽さでダイヤモンドの2倍の強度、なおかつ銅の1,000倍電気を通しやすい「カーボンナノチューブ」を発見。

 

 【北川 進氏】京都大学大学院工学研究科教授

二酸化炭素を効率良く吸収する「多孔性金属錯体」の合成方法を発見。地球温暖化対策として注目。

 

 【春田 正毅氏】首都大学東京教授

不活性な物質で触媒に使用できないという金の常識を覆す「金ナノ粒子触媒作用」を発見。

 

 【遠藤 章氏】東京農工大特別栄誉教授

体内でのコレステロール合成に関する酵素を阻害する「スタチン」を発見。血中のコレステロールを劇的に低下させる薬の開発につなげた。

 

4-3.物理学賞の候補者

┃有力候補者

 

【細野 秀雄氏】東京工業大学応用セラミックス研究所教授

エネルギー損失のない送電が可能となる革命的な技術を発見。超電導技術に革命をもたらした人物。

参考記事→ 【超電導はノーベル賞候補!関連銘柄として外せない候補、注目必須です

 

【大野 英男氏】東北大学電気通信研究所教授

半導体と磁石の性質を持つ「希薄磁性半導体スピントロニクス」を開発。大幅な省エネができると期待される。

 

【香取 秀俊氏】東京大学大学院物理工学専攻教授

300億年に1秒しかずれない高精度な時計「光格子時計」を開発。時の流れが変わる場所を見分けることができるため、鉱脈の発見に繋がる可能性も。

 

 その他の候補者リスト

 【十倉 好紀氏】理化学研究所創発物性科学研究センター センター長

電子型高温超伝導帯やマルチフェロイックスの巨大電気磁気効果の発見。その後も多くの研究成果を挙げている。

 

 【中沢 正隆氏】東北大学電気通信研究所長

エルビウム添加ファイバー増幅器を開発。現在では世界中の高速光ファイバー通信網を支える重要技術である。

 

5.大本命!大化け期待のノーベル賞関連銘柄5選

 

10月の受賞発表に向けてますます期待が高まるノーベル賞関連銘柄。

その中でもとくに上昇期待値が高い筆者が大本命視する厳選5銘柄をピックアップしていきますので要チェックです!

 

5-1. 【4974】タカラバイオ

チャート画像

 

市場 東証一部
業種 化学
単位 100株
比較される銘柄 大日本住友, 第一三共, 医学生物
注目ポイント 遺伝子研究用試薬やiPS細胞などの再生医療を手掛けるバイオベンチャー

 

タカラバイオは、ゲノム編集やiPS細胞、がん治療など、ノーベル生理学・医学賞で受賞が期待される分野を一通り手掛けているバイオベンチャーです。東

証一部の銘柄ではありますが、ハイリスク・ハイリターンのバイオベンチャー株であることには変わりありません。

物色する際にはリスク管理には注意を払っておきましょう。

 

5-2.【4593】ヘリオス

チャート画像

市場 東証マザーズ
業種 医薬品
単位 100株
比較される銘柄 サンバイオ, ステムリム, ジーンテクノ
注目ポイント 難病に有効なiPS細胞の開発を手掛けるバイオベンチャー

 

ヘリオスは、iPS細胞などの再生医療関連で注目のバイオベンチャーです。

 

特に加齢黄斑変性や肝疾患といった、難病に有効なiPS細胞の再生医薬品に強みを持つことで知られています。

 

再生医療関連の研究がノーベル生理学・医学賞を受賞する確率は高いと見られているため、代表的な再生医療ベンチャーである同社は必ずチェックしておきましょう。

 

5-3.【4563】アンジェス

チャート画像

市場 東証マザーズ
業種 医薬品
単位 100株
比較される銘柄 オンコセラピ, タカラバイオ, ジーエヌアイ
注目ポイント 遺伝子医薬品を手掛けるバイオベンチャー。厚労省に「コラテジェン」が承認

 

ゲノム編集などの遺伝子治療も、ノーベル生理学・医学賞の筆頭候補となっています。

アンジェスは遺伝子医薬品に強みを持ち、2019年2月には厚労省が同社の遺伝子治療薬「コラテジェン」を認証したことは、マーケットでも注目材料となり暴騰しました。

 

遺伝子治療関連の研究がノーベル生理学・医学賞を受賞した際には、真っ先に物色される銘柄になると期待されます。

 

5-4.【6955】FDK

チャート画像

市場 東証二部
業種 電気機器
単位 100株
比較される銘柄 TDK, GSユアサ, 古河池
注目ポイント 富士通系電池メーカー。ニッケル水素電池や空気電池でも注目

 

FDKは、リチウムイオン電池はもちろん、ニッケル水素電池や空気電池なども手掛ける富士通系の電池メーカーです。

チウムイオン電池などの電池関連の研究がノーベル化学賞を受賞することになれば、物色されることが期待されます。

 

5-5.【6503】三菱電機

チャート画像

市場 東証一部
業種 電気機器
単位 100株
比較される銘柄 日立, 東芝, パナソニック
注目ポイント 総合電機大手。防衛や家電、FAなど幅広く展開。

 

三菱電機は超電導の研究で世界をリードしている企業として知られています。

超電導関連の研究がノーベル物理学賞を受賞することになれば、物色されることが期待される銘柄です。

 

同社は2016年に京都大学・東北大学と共同で、液体ヘリウムを使わないMRI用の高温超電導コイルを開発、発表しました。

これが話題を呼び、MRI以外への応用研究でも注目されています。

 

6.まとめ

 

「iPS細胞」でノーベル生理学・医学賞を受賞した2012年のバイオブームを皮切りに、毎年10月に近づくとノーベル賞関連銘柄への物色に高まる期待。

 

ただし、短期勝負であるため思惑で急騰しているうちに(受賞発表前実までに)利食いすることをオススメしています。

大化け期待の大本命5銘柄はぜひチェックしておきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中