無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です。

ゲームセクター関連株は当たればデカい!オススメ銘柄とトレンドに乗り素早く利益を狙う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

投資家に人気のセクターと言えば、「ゲームセクター」ではないでしょうか。

 

一昔前まではノーマークであったゲームというジャンルは、スマートフォンの普及により株式市場でも大きな影響を与えるほど巨大マーケットとなりました。

 

過去には短期間で株価10倍どころかそれ以上に上昇した銘柄もゴロゴロと転がっているゲームセクター株。

 

独特の荒い値動きは、ギャンブル性も高く投資家の心を揺るがします。

多くのゲーム関連銘柄の中で、眠る宝箱を探し出すために必要なものは「素早い情報力と考察力」です。

 

いち早くトレンドをキャッチすることで誰よりも早く宝箱を見つけることが出来るでしょう。

 

 

1.ゲームセクターというジャンルの概要

 

一言でゲームセクターといっても、大きく2つのジャンルで分けられています。

  • 1.ソシャゲ株
  • 2.据え置き株

 

ソシャゲ株とは

もともとパソコンのオンラインゲームを指していましたが、スマートフォン普及によりアプリゲーム全体を呼ぶようになりました。

 

据え置き株とは

PlayStation4やNintendo Swichなど本体機器ありきでプレイする家庭用ゲームの関連銘柄を指します。

 

どちらもゲームセクターには違いはありません。

大きな違いは、ユーザーに初期投資をさせずに(無料ダウンロード)課金システムで利益を得るのがソシャゲ株。

対して、据え置き株はユーザーに初期投資をさせ(ソフトの購入)販売数量をメインで利益を得る事業になります。

 

1-1.ゲームセクター株一覧

様々な事業からゲームセクターに参入する銘柄が多々ありますが、様々な事業からゲームセクターに参入する銘柄が多々あります。

その中でもゲームそのものを強みとする、または今後強くなるであろう注目すべき銘柄を紹介します。

 

銘柄名 備考
【7974】任天堂 ご存知NintendoDSやSwitchなどハードをメインで開発・販売しており業界では総合首位。
【3932】アカツキ ソーシャルゲームの企画・開発。ドラゴンボールZドッカンバトル、新テニスの王子様RisingBeat等
【9684】スクウェア・エニックスホールディングス 多くの自社コンテンツを持つ大手。ファイナルファンタジーシリーズやドラゴンクエストシリーズ等
【9697】カプコン 家庭用ゲームソフトの開発大手でありゲームセンターなども運営。アクション系が強い。モンスターハンター、ストリートファイターシリーズなど。
【3758】アエリア 様々な連結子会社を持ち、乙女向けゲームを主流としている。過去ヒット作品は子会社であるリベル・エンタテイメント社開発のA3!
【4751】サイバーエージェント 大手ブログコンテンツ「Ameba」を主導にスマホサービス、ゲームを展開。バンドリ!、グランブルファンタジーなど。
【6238】フリュー コンシューマからスマホゲームまで幅広く展開。弱虫ペダルConnectRord、ベイブレードバーストゴッドなど。
【3656】KLab ソーシャルゲーム開発兼運営。うたのプリンスさまシャイニンライブ、ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルなど。
【3851】日本一ソフトウェア コンシューマがメインのゲームソフトメーカー。ディスガイアシリーズなど。
【3723】日本ファルコム PlayStation用ソフトが主力。アプリ開発やライセンスも含。英雄伝説シリーズ、東京ザナドゥなど。

 

 

2.ゲームセクター株の特徴

 

「当たれば大きい」と言われるゲームセクターですが、これは何が「当たった」のでしょうか。

 

人気アニメのスマホゲーム化による期待なのか、それとも業績に反映された実績なのか。

どちらも間違いではありません。

 

一般的にソシャゲ株は思惑で急騰することが多く、

据え置き株は販売実績によりじわじわ上昇する可能性が高くなっています。

(もちろん全てではありません)

 

ゲームセクターの面白いところは、「どんな小さな企業(銘柄)にも化ける可能性を秘めている」ところです。

そして、何か一つの銘柄が急騰するとゲーム業界全体が盛り上がり、高騰銘柄が続出しやすくなります。

2-1.ソシャゲ株は思惑で買われ急騰する

アプリゲーム「キャプテン翼」をリリースした【3656】Klabや「A3!」が驚異的な大ヒットを記録した【3758】アエリアを筆頭に、ソシャゲ株全体が吊られて急騰したバブル化が起こりました。

 

【3932】アカツキが節目の1万円を突破したり、

2017年夏に大いに期待された「うたプリ」のリズムゲームのリリース真近とされた【2706】ブロッコリーもじりじり上げて1,000円へ。

 

どの銘柄も少しの材料で大きく上げ、いわゆるバブル相場になりゲームセクター株全体が盛り上がりました。

しかしこの盛り上がりのほとんどはソシャゲ株の思惑でありました。

 

しかし実際に事前登録やリリースが行われると売りが殺到。

2017年8月から9月にかけて、ほとんどのゲーム銘柄は半分以下の水準まで売り込まれてしまいました。

 

2-2.据え置き株はじわじわと上昇する

ゲームセクター株全体のバブル崩壊の中で、ソシャゲ株に対し据え置き株は強さを見せました。

 

2017年3月に【7974】任天堂がNintendo Switchを発売。

プレミア感を演出する商法でSwitchブームの息を長く持たせ、販売実績に反映するかのように株価は2万円台から4万円台後半まで上昇しました。

 

また、Switchウェーブに上手く飛び乗るかのように【9697】カプコンが「モンスターハンターダブルクロス」を8月に、

【9684】スクエア・エニックスHDが「ドラゴンクエストXオールインワンパッケージ」を9月に発売。

 

この2銘柄は面白いように週足が似た形のチャートをしています。

 

ソシャゲ株の思惑バブルと違い、爆発的な急上昇ではなかったものの、据え置き株は実績で勝負が出来る銘柄が多く存在します。

 

 

【ここだけチェック!】
  • ソシャゲ株は思惑で株価が上がりやすい!
  • 据え置き株は販売実績で株価が上がりやすい!

 

3.ゲームセクター株の探し方

 

次々に高騰を続けるゲームセクター銘柄ですが、どのようにして当たり株を探し当てればよいのでしょうか。

今までゲームセクターにゆかりのない人でも比較的探しやすい方法を紹介します。

 

3-1.アプリゲームのリリース後の対応に注目

ゲームセクターで一番有名な大高騰株は、「パズドラ」の大ヒットで驚異的な成長を上げた【3765】ガンホーでしょう。

ガンホーの株価は20円前後を推移していましたが、1年数ヶ月で1,300円まで高騰し株式市場を賑わせました。

 

ゲームセクターが「当たればでかい!」と言われ始めたキッカケでもあり、

株式市場では「第二のガンホーは現れるのか」とアプリゲームが注目されています。

 

ガンホーのパズドラは、リリース後も数年に渡りセールスランキングTOP10に推移しており人気が廃れることを知りませんでした。

 

スマホのアプリゲームでの人気を知るには、トップセールスを見れば一目瞭然です。

しかし、ここで上位のアプリを輩出している銘柄をその時点で買っても遅すぎます。

 

毎日のように新しいゲームがリリースされ、入れ替わりが激しい業界です。

リリース後の実績を狙うのであれば、注目しておくといいポイントがあります。

 

アプリゲームリリース後の注目ポイント
  • 目新しいイベント
  • 不具合(バグ)への素早い対応
  • 海外配信のスケジュール
  • アップグレードを随時行っている

 

このような息を長く持たせている銘柄を選ぶことが望ましいかもしれません。

 

3-2.実績よりも思惑勝負

一昔前のスマホゲームとは違い、現在は実績でテンバガーに出会えることは難しいです。

実績よりも前、出来ればアプリ開発発表段階で仕込みたいところです。

しかし、毎日のように新しい情報が巡るゲーム業界でヒット作品を見つけることは容易ではありません。

 

では、売れる可能性が高いゲームはどのように見つければよいのでしょうか。

 

人気アニメのアプリ化になる場合は注目!

「パズドラ」や「モンスト」のように新規コンテンツで売れるゲームは比較的稀なパターンです。

 

人気アニメが原作でアプリになる銘柄を探しだす方が当たり株に出会える可能性が高いでしょう。

 

2017年、乙女向け人気アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪シャイニングライブ」のアプリ化が発表されました。

この時、ブロッコリーとKLabが「年内リリース」と発表した3月から、事前登録の6月にかけて両銘柄とも2倍以上の株価になりました。

 

これは「うたプリ」という人気アニメがあってこその思惑です。

話題となっている人気アニメのアプリ化は一定の固定ファンが必ずしも存在するので、「売れる可能性が高い」と判断されるのです。

 

新規コンテンツよりも比較的当たりを見つけやすくなるので、話題になっているアニメにも注目してみましょう。

 

▼アニメ関連銘柄はこちらに詳しく記載しています。

【注目すべきアニメ関連株はどれ?グローバル化する日本サブカルチャー】

 

 

【ここだけチェック!】
  • リリース後の実績を狙うマーケティング(イベント、アップデート、海外配信)を注視しよう!
  • 新規コンテンツのゲームよりも話題アニメのスマホアプリ化で思惑勝負!

 

4.株価が上がったゲーム関連銘柄とその理由

4-1.日経平均採用で上昇!【7832】バンダイナムコHD

総合おもちゃメーカーの【7832】バンダイナムコHDは、日本を代表するゲーム株の一角です。

 

同社は世界的に人気の3D格闘ゲーム「鉄拳」シリーズや、人気RPG「テイルズ」シリーズ、「スーパーロボット大戦」や「太鼓の達人」といった国民的ゲームシリーズを多数展開しています。

 

同社の株価は、2019年初めには4,785円を付けていましたが、今年に入ってから上昇し続けており、2019年7月には6,210円の高値を付けました。

年初からの上昇率は最大+29%となっています。

特に、2019年7月11日には、業績不振の千代田化工建設が東証2部に降格になったことで日経平均採用銘柄から除外されたことを受けて、日本経済新聞社はバンダイナムコホールディングスを日経平均採用銘柄にすると発表。

 

この発表を受けて一段高となり、上場来高値を更新しています。

 

4-2.将棋ゲーム「将棋ウォーズ」が大ヒット!【4382】HEROZ

昨今のIPOバブルの象徴的銘柄としても知られるAIベンチャーの【4382】HEROZは、ゲーム関連銘柄でもあります。

同社は、自社製のAI将棋ゲーム「将棋ウォーズ」を展開しており、同ゲームは課金制ゲームとなっています。

 

藤井聡太七段の活躍によって将棋ブームが起きていることを追い風に「将棋ウォーズ」は大ヒットとなっており、同社の業績に大きく寄与しています。

 

同社の株価は、IPO後に大きく下げたこともあり2019年1月には7,120円を付けていましたが、「将棋ウォーズ」の好調により戻していき、2019年6月には20,460円まで回復。

年初からの上昇率は+187%となっています。

同社は、AIとソーシャルゲームというマーケットにおいて最も注目されている2つのテーマに関連している銘柄であり、今後も注目が集まります。

 

5.ゲームセクター関連銘柄リスト

 

銘柄 備考
【3635】コーエーテクモHD 家庭用ゲームソフト「三国無双」「DEAD OR ALIVE」など
【3656】KLab ソーシャルゲーム「テイルズオブクレストリア」「BLEACH 境・界-魂之覚醒:死神」など
【4382】HEROZ AI将棋ゲーム「将棋ウォーズ」
【4728】トーセ 家庭用ゲームソフト企画・制作受託最大手
【4751】サイバーエージェント スマホゲーム「グランブルーファンタジー」
【7832】バンダイナムコHD 家庭用ゲームソフト「鉄拳」「テイルズ」「スーパーロボット大戦」「太鼓の達人」など
【7974】任天堂 世界的ゲームメーカー、「スーパーマリオ」「ポケットモンスター」「ゼルダの伝説」など
【9684】スクウェア・エニックス 家庭用ゲームソフト「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」など
【9697】カプコン 家庭用ゲームソフト「モンスターハンター」「ストリートファイター」「バイオハザード」など
【9766】コナミ 家庭用ゲームソフト「ウイニングイレブン」「実況パワフルプロ野球」など

 

6.注目のゲームセクター株

 

では、今後注目すべきゲームセクター銘柄を少し紹介します。

 

6-1.【7974】任天堂

チャート画像

市場 東証一部
業種 その他製品
単位 100株
比較される銘柄  ソニー, ホシデン, メガチップス
注目ポイント 世界的ゲームメーカー。ゲーム機「Nintendo Switch」をはじめ、「スーパーマリオ」や「ポケットモンスター」「ゼルダの伝説」などで知られる。

世界的ゲームメーカーの【7974】任天堂は、ゲーム関連銘柄としては絶対に抑えておかなければいけない銘柄です。

最新ゲーム機「Nintendo Switch」は世界的に大ヒットしており、「スーパーマリオ」や「ポケットモンスター」「ゼルダの伝説」といった主力ゲームソフトのブランド力は健在です。

1株あたりの価格帯が高いためやや手が出しづらい銘柄ですが、【7832】バンダイナムコとともに長期投資におすすめしたい安定したゲーム株です。

 

6-2.【9684】スクウェア・エニックス

チャート画像

市場 東証一部
業種 情報・通信業
単位 100株
比較される銘柄 カプコン, コナミHD, ガンホー
注目ポイント 家庭用ゲームソフト大手。2大国民的RPG「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」を手掛ける。

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、「ドラゴンクエスト」と「ファイナルファンタジー」という2大国民的RPGで知られるゲームメーカーです。

2020年3月には、全世界待望となっていた「ファイナルファンタジー7」のリメイク版が発売されることから、業績を大きく押し上げることが期待されます。

日本を代表するゲームソフトメーカーとして、同じく国民的ゲームタイトルを多く持つ【9697】カプコンとともに抑えておきましょう。

 

6-3.【9766】コナミ

チャート画像

市場 東証一部
業種 情報・通信業
単位 100株
比較される銘柄 スクエニ, カプコン, マーベラス
注目ポイント スポーツ施設やカジノなど多角経営を進めるゲームメーカー。

人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン」や人気野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」で知られる【9766】コナミは、2020東京オリンピック特需も期待されるゲーム株です。

同社はゲーム事業以外にも、スポーツ施設やカジノ事業にも力を入れており、「コナミスポーツクラブ」は日本最大のフィットネスクラブとなっています。

また、カジノ事業にも力を入れており、IR法案が成立したことでも期待されます。

 

 

5.まとめ

 

如何でしたでしょうか。

一言でゲームセクターといっても、ソーシャルゲームと据置タイプで株価の癖が違います。

急騰した銘柄は急落の危険性も増しますので、もちろん注意も必要です。

 

ゲームセクターの魅力は、赤字続きで倒産寸前の企業がたった1つのゲームで大企業と成長する部分が見えることです。

企業の一員でもある株主だからこそ、企業と株価上昇だけではなく、一団となって成功の喜びを感じることが出来るでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中