無料登録で話題の銘柄情報をお届けします!お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!

プロ厳選3銘柄を先行配信中!


※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です

北海道関連銘柄には世界中から資金が集まる?五輪マラソン会場にも決定した北海道に注目集まる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

 

北海道は「都道府県魅力度ランキング」で11年連続1位となっており、外国人観光客による大バブルに沸いているニセコを始め、北海道が国内外から大きな注目を集めています。

 

2020年オリンピックのマラソン会場が札幌市に急遽決まったことからも、北海道関連銘柄はオリンピック関連銘柄としても買われることが期待されます。

 

北海道関連銘柄に注目していきましょう!

 

 

1.北海道関連銘柄とは?

 

北海道が国内外から大きな注目を集めています。

 

1-1.北海道の魅力を抑えておこう!

北海道は日本の最北部に位置する島です。

道庁所在地である札幌市は、道内最大の都市として発展しています。

 

北海道は日本人はもちろん、外国人にとっても魅力的な観光地として世界的に大きな注目を集めています。

 

民間調査会社のブランド総合研究所が毎年実施している「都道府県魅力度ランキング」では、北海道が2019年も1位に輝きました。

同調査で北海道が1位となるのは11年連続です。

 

北海道の観光地としては、時計台やさっぽろ雪まつりなどが有名な札幌市を始め、自然豊かな知床半島、五稜郭が代表的な函館、日本最大の釧路湿原、日本最北端の宗谷岬などそうそうたる名所が並びます。

 

また、自然豊かな北海道ならではのジンギスカンや魚介料理など食べ物の豊かさにおいても圧倒的な魅力を誇ります。

 

特に近年外国人観光客に人気となっているのがニセコです。

雪質が特殊なニセコのスキー場は外国人観光客による大バブルに沸いており、インバウンドを象徴する場所となっています。

 

そして2019年10月には、2020年東京オリンピックのマラソン・競歩の競技会場が札幌市に急遽移転となりました。

 

マラソンのスタート・ゴール会場は、さっぽろ雪まつりが行われる場所としても知られる「札幌大通公園」に決まり、2020年夏には北海道が世界的に大きな注目を集めることになりそうです。

 

1-2.北海道関連銘柄には暴騰銘柄が多い

今回注目する北海道関連銘柄は、北海道で事業を手掛けており、北海道を地盤とする銘柄が中心となります。

 

北海道には地方証券取引所である「札幌証券取引所(札証)」があることでも知られています。

 

札幌証券取引所は、フィットネス事業で知られる【2928】RIZAPグループが上場していることもあり、名古屋証券取引所と福岡証券取引所を凌ぐ、国内2位の証券取引所となっています(国内1位は東京証券取引所)。

 

ただ北海道は人口減少が進んでいることもあり、どうしても北海道だけで事業を手掛けている銘柄はジリ貧となる傾向があることは否めません。

 

国内2位の札幌証券取引所にしても、RIZAPグループの取引量が90%を占めており、証券取引所としては低迷しているというのが現状です。

 

とはいえ株式市場においては、一部の北海道関連銘柄に非常に大きな注目が集まっていることも確かです。

 

特に【2930】北の達人コーポレーションと【2928】RIZAPグループの2銘柄は大暴騰銘柄として知られています。

 

暴騰している北海道関連銘柄の共通点としては、北海道を地盤に日本全国や世界を相手に事業を展開していることが挙げられます。

 

これから日本を訪れる外国人観光客がさらに増加していけば、北海道関連銘柄に大きなスポットが当たることは十分に考えられる展開です。

 

【ここだけチェック!】
  • 北海道は、人気観光地として国内外から大きな注目を集めている
  • 北の達人コーポレーションとRIZAPグループは、北海道を地盤に事業展開していながら大暴騰した北海道関連銘柄

 

2.北海道関連銘柄が上昇する理由と過去に上がった銘柄

 

過去に大きな上昇を遂げた北海道関連銘柄を見ていきましょう。

 

2-1.2017年に最も大きく上がった銘柄!【2930】北の達人コーポレーション

北海道札幌市に本社を置く通信販売会社の【2930】北の達人コーポレーションは、2017年に日本株で最も上昇した銘柄です。

 

同社は北海道に本社を置きながら、利益率の高い健康美容食品や化粧品の通販事業を手掛けています。東証一部上場銘柄ですが、札幌証券取引所にも重複上場しています。

 

同社の株価は、2017年1月初めには41.9円を付けていましたが、2017年12月には507円にまで上昇。

2017年の1年間で12.1倍となりテンバガーを達成しました。

※株価は株式分割後の2019年12月時点の株価で算出。

 

2018年1月に1,105円を付けてからは大暴落することになりましたが、2019年12月現在は700円前後で推移しており、高値から見てもそこまで大きく暴落したわけではありません。

 

2-2.札証アンビシャスの代表銘柄!【2928】RIZAPグループ

「結果にコミット」というキャッチフレーズでも知られるフィットネスジム「ライザップ」を展開する【2928】RIZAPグループは、今や北海道関連銘柄を代表する銘柄です。

 

同社は多くの人が知る有名新興企業でありながらも、札幌証券取引所の新興市場アンビシャスに単独上場しています。

東京証券取引所で株を買うことはできないため注意しておきましょう。

 

2017年に同社株が株式市場で人気銘柄化したことによって、札幌証券取引所は名古屋証券取引所を追い抜き、国内2位の証券取引所に躍進しました。

 

同社の株価は2017年1月初めには195.3円を付けていました。

フィットネスブームへの期待から株価は大暴騰。2017年11月には1,545円まで上昇し、この1年で7.9倍の上昇となりました。

※株価は株式分割後の2019年12月時点の株価で算出。

 

しかし2018年に入ってから株価は大暴落。M&Aの失敗で赤字決算を発表したことも響き、大暴落後にも株価はほとんど反発しておらず、2019年12月現在は250円前後で低迷し続けています。

 

【ここだけチェック!】
  • 北海道に本社を置く北の達人コーポレーションは2017年にテンバガーを達成!
  • 札幌証券取引所を代表するRIZAPグループは2017年に大暴騰したが、その後は大暴落。M&Aの失敗から低迷を続けている

 

3.北海道関連銘柄リスト

銘柄 備考
【1840】土屋ホールディングス 北海道地盤の注文住宅会社
【2172】インサイト 北海道を地盤とする広告代理店、札証アンビシャス単独上場銘柄
【2501】サッポロ 国内ビール4位「サッポロビール」
【2928】RIZAPグループ フィットネスジム「ライザップ」、札証アンビシャス単独上場銘柄
【2930】北の達人コーポレーション 健康美容食品や化粧品の通販事業、札幌市に本社
【3370】フジタコーポレーション ミスタードーナツなどのフランチャイズを展開、苫小牧市に本社
【8104】クワザワ 北海道地盤の建設・土木商社
【9509】北海道電力 北海道地域の電力事業を手掛ける
【9534】北海道ガス 北海道地域のガス事業を手掛ける
【9678】カナモト 建機レンタル最大手、札幌市に本社

 

4.オススメの北海道関連銘柄3選!

 

2020年以降におすすめの北海道関連銘柄を3銘柄見ていきましょう。

 

4-1.【9534】北海道ガス

チャート画像

市場 東証一部
注目ポイント 札幌、小樽、函館でガス事業を展開

北海道ガスは、ディフェンシブ高配当株としておすすめの北海道関連銘柄です。

また同社の配当利回りは約3%となっており、長期投資にもおすすめです。

 

株価動向を見てみると、アベノミクス以降は右肩上がりとなっています。

同じく北海道地盤のインフラ企業としては【9509】北海道電力がありますが、こちらは北海道ガスとは対照的に値下がり傾向にあります。

 

4-2.【1840】土屋ホールディングス

チャート画像

市場 東証一部
注目ポイント 北海道地盤の住宅会社。高断熱・高気密住宅に強み

土屋ホールディングスは、北海道地盤の注文住宅会社大手です。

北海道地域の環境に適した高断熱・高気密住宅に強みを持つことで知られています。

 

株価は200円台の低位株で推移しており、2020年オリンピックのマラソンなどで北海道が大きな注目を集めることによって大きく買われる可能性があります。

 

4-3.【2928】RIZAPグループ

 

市場 札証アンビシャス
注目ポイント フィットネスジム「ライザップ」を展開、M&Aの失敗による赤字体質からの脱却が焦点。

2017年に大きく上昇したRIZAPグループは低迷を続けており、株価は200~300円台を推移しています。

M&Aの失敗による赤字体質から脱却しなければ、株価が大きく回復することは期待できません。

 

ただ低位株ということもあり、一時的に大きな反発をする可能性はあります。

虎の子の資金を使った本格的な長期投資にはおすすめしませんが、余裕資金で少額投資をして一獲千金を狙うのはアリと言えるでしょう。

 

5.まとめ

 

2020年オリンピックのマラソン・競歩会場が札幌市に決まりましたが、マーケットでの受け止めは冷静なものとなっており、特に北海道関連銘柄に資金が入ってきたような動きは見られません。

 

2017年には北海道にゆかりのある銘柄である【2930】北の達人コーポレーションと【2928】RIZAPグループが大きな上昇を遂げました。

しかし、RIZAPグループはM&Aの失敗から業績・株価ともに大暴落、低迷を続けています。

 

北海道関連銘柄のディフェンシブ株としては、【9534】北海道ガスや【2501】サッポロホールディングス、【9509】北海道電力などがおすすめです。

 

北海道地盤でありながらも全国で事業を展開する銘柄としては、住宅会社の【1840】土屋ホールディングスや建設商社の【8104】クワザワ、建機レンタル大手の【9678】カナモトなどがあります。

 

北海道関連銘柄の中には有望な銘柄も数多くありますが、「札幌がマラソン会場になる!」という材料だけでは、長期的な投資をするには弱いと言わざるを得ません。

 

長期的な視野に立って投資を行うことが重要です。

 

北海道に関連するニュースにはアンテナを張っておき、北海道関連銘柄の動向は要チェックしておきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

最新株式情報やテーマ株ならおまかせ下さい 厳選3銘柄を無料にて配信中